事務・営業・開発・サービス

事務のトヨタ流「5S・ファイリング」&「ムダとり」

トヨタ生産方式の進め方に基づき、ムダの徹底排除と人づくりを行います。

事務部門での問題点の把握

>貴社の事務部門では、このような現象は起きていませんか?

・ Q(品質)C(コスト)D(納期)S(安全)がうまくまわっていない。
・ 各自が仕事を抱え込んでいる。
・ 仕事を全然覚えない。
・ 単純なミスが減らない。
・ 何を改善したらよいのか問題が見えない。
・ 問合せや質問、確認が多い。
・ 書棚(キャビネット)やハードディスクがいくらあっても足りない。
                                                             

研修例 対 象 内 容 期 間

>このような問題点から

・5S=物理的な片付けと考えている。
・その場限りで終わっていることが原因として考えられます。



>この問題を解決するには?

単体矢印

仕事そのものの5Sが必要!

  

5Sの投入

仕事そのものに5Sを投入することにより、

マネジメント基盤を構築し、そこからムダを明確にし、排除します。

事務のムダ取り改善