働き方改革

  1. 仕事の手順とステップ

    手順のつくり方~いい仕事をするやり方とコツを盛り込む方法とコツ

    手順は目的に沿う仕事の実践の中で作成し磨いていくのが効率的仕事には、適切な手順が必要です。手順という道具を、常に目的に照らしながら練磨して、より良い仕事の完了につなげましょう。適切な手順を作るには、現状の手順に疑問を持つ、気付きが必要です。

    続きを読む
  2. 自分流の仕事の進め方

    守破離の視点で発想力を高めて仕事力の高める方法とコツ

    守破離のアプローチと視野拡大で新しい視点・発想力を導きす方法とコツ仕事では、これまで培ってきた知識と経験を活かして成果を出しますが、それでは行き詰まってしまうこともあります。自分の殻を破り、新しい視点・アイディアで仕事に向かうことで、行き詰まりを打破できます。

    続きを読む
  3. 仕事の評価

    目的認識と直感力を高めて期待以上の仕事をする方法とコツ

    期待に応える効率的な仕事で期待を超える価値を見つけ出す依頼者からの信頼という評価を勝ち取るには、まず、期待に応える必要があります。依頼者の目的に沿い、求められる価値を提供しなければなりません。

    続きを読む
  4. 仕事の準備

    手戻りから学び糧として仕事力を高めるPDCAの回し方とコツ

    仕事効率を高める直感の有効化と学べる手戻りを得るためのコツ手戻りは、仕事の質と生産性を落とします。しかし、同じで戻りでも学びのある手戻りもあります。学びの手戻りから、PDCAを回して、仕事の計画力と段取り力を高めることで、仕事の質と生産性を高まります。

    続きを読む
  5. 仕事の価値とは

    仕事は完璧さよりも価値を高めることを目指せば効率化できる

    完璧さより価値視点が大事!PDCAで仕事の価値を高める仕事とは価値を生み出し高めることです。仕事の価値を高めるためには、仕事の完璧さを追求するのではなく、失敗から学ぶ姿勢が必要です。一回で成功しようとせず、失敗しながら学びを得るのが、成功の秘訣です。

    続きを読む
  6. 仕事の納期を守る仕事

    時間のかけ方にメリハリをつけて仕事の効率性を高める方法とコツ

    本物の業務の効率化策とは?決めた時間で完了できる仕事の方法を考える仕事の時間配分は効率的でしょうか。効率性は、早いだけでは成り立ちません。価値の高い作業には多くの時間を割り振り、価値の低い作業なら、最低限の時間で済ませます。仕事にかける時間にメリハリをつけると効率が高まります。

    続きを読む
  7. 時間管理のイメージ

    時間管理のコツは3要素(時間・タスク・リソース)を押さえること~実践方法をツールと事例で紹介

    時間管理はスケジュールとタスクとリソースの組み合わせと配分方法で解決!仕事の効率・生産性を高めるためには、時間を上手に使う力が必要です。決められた時間の中で仕事をやりきるためには、タスクとリソースの時間配分を効率的かつ適切な行わなければなりません。

    続きを読む
  8. 働き方改革

    残業削減のためのアイディア~働き方改革のための改善ツール・事例を紹介

    働き方改革:長時間残業をなくす取り組み方・ツールと事例長時間労働は、心身を疲弊させ、組織としての生産性を低下させるなど様々な問題を引き起こします。働き方改革関連法案によっても残業時間について罰則つき上限規制が施行され、削減を求められています。

    続きを読む
  9. 働き方改革

    「働き方改革」で解決すべき課題と取り組み目的は何?~解決の仕方とツール

    何に向かって「働き方改革」をするのか~その疑問を解決!働き方改革では、多様な就業環境(時短やフレックス、在宅勤務)に対応した様々な社内制度や仕組みが必要となります。一方で、これら多様な就業環境が、働く者の孤立化を招くことも危惧されています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る