「仕事の問題解決力を高めるポイント」セミナー(16年3月18日開催)

問題解決できないのは「問題」の特性に合わない対策だから

仕事では、常に何らかの問題や課題があります。
問題や課題には様々な特性があり、その特性を無視した画一的な解決ステップでは、問題解決はできません。
問題解決は、問題の特性に即した適切な解決ステップをとりましょう。
本セミナーでは、問題の特性を知り、特性に合った解決ステップとツールの使い方を学べます。

問題解決できないのは「机上」で考えた対策をしているから

どんなに素晴らしい論理的アプローチであったとしても「机上」でこねくり回した論理は、実際の現場では通用しません。
「論理」と「事実」の両方に基づいて解決しましょう。
本セミナーでは、ロジカルアプローチ(論理と事実の組み合わせ)で解決力の高速化と効率化を学べます。

問題解決できないのは「主観」と「経験」による対策だから

「経験」「主観」に基づいた問題解決は、経験したことのない問題、自分の常識を超えた課題の解決を図ることはできません。
事実は、自分の経験や主観を凌駕します。
事実基点の考動で未知の課題の解決力を高めましょう。
本セミナーではTPSスタイルの事実基点の考動で解決力の質の向上を学べます。

問題解決は「閃き」によって成されます

効果が大きく魅力的な問題解決は、「閃き」によって成されます。
この閃きを引き出すのが論理と事実の組み合わせ、
そこから矛盾や不整合と感じるものを洗い出したとき、今までの常識を超えた解決策を閃くことができます。

ロジカルアプローチと事実基点考動で問題解決力をUP!

問題解決は、問題の特性に即した適切な解決ステップをとり、「経験」「主観」を排除して、「論理」と「事実」に基づいたロジカルアプローチによって解決することで、経験のない未知な問題・課題であっても、今までない「閃き」を引き出し、スピーディかつ効率的に、確実に解決することができます。

本セミナーでは、問題特性別解決ステップ、論理と事実を組み合わせたロジカルアプローチと事実基点考動による問題解決方法を紹介します。
また、実際に解決力を高めるしかけの具体策とツールを紹介します。

【セミナーカリキュラム】

13:30~16:30
  • 問題の特性を知り、特性に合った解決ステップとツールを使おう
    • 問題と課題の違いを知ろう
    • 問題・課題が見えないときの解決ステップ
    • 問題が複雑なときの解決ステップ
    • 課題がわからないときの解決ステップ
    • 問題を繰り返すときの解決ステップ
  • ロジカルアプローチで解決力の高速化と効率化
    • Doから始めるロジカルアプローチ
    • 5ナゼは見ええないものを見せてくれる
    • 仮説と検証で真実をあぶりだす
    • つながりで考えて因果の見える化
    • 関係を変えて脱・常識
  • TPSスタイルの事実基点の考動で解決力の質の向上
    • 経験と主観が自分を惑わす
    • 事実は自らつくるもの
    • 事実は2つ要る
    • 事実分析して新たな常識を得る
    • 数値で測定できないものは自分たちの事実ではない

セミナー特典

【セミナー詳細】

開催日時・
場所
  • 【東 京】2016年 3月18日(金)
時 間 13:30~16:30
料 金 10,000円(税込)
対象者 経営幹部、企画部門責任者、改革・改善推進責任者
講 師 エグゼクティブコンサルタント 松井 順一
*講師は予告なく変更することもございますので、ご了承ください。
定 員 各会場 20名
会 場
  • 【東 京】東京都中小企業振興公社中小企業会館
  •      (東京都中央区銀座2-10-18 )会場地図は下記

<講師陣>
seminar_matsui
seminar_ishikawa

申し訳ございませんが、申し込みは終了しました。

セミナー申し込み

お申し込み受付後、請求書を3営業日以内に送付いたします。
請求書記載の期日までに受講料のお振込みをお願いいたします。

問題解決のための改善手法の解説:弊社動画チャンネルで公開中

動画ラーニングチャンネル

【東京会場地図】

ページ上部へ戻る