改正労働派遣法対応のキャリア形成支援制度構築の進め方セミナー【無料】

キャリア形成支援制度構築進め方セミナー

キャリアアップ形成支援制度構築が義務付け

2015年9月30日に労働者派遣法が改正され、派遣会社の許可基準に「派遣労働者のキャリア形成支援制度を有すること」が加えられました。
改正労働者派遣法の求める内容
労働者派遣事業関係業務取扱要領では、以下のように記載されております。
「派遣労働者が正規雇用労働者になったり派遣労働者のままステップアップしていくためには、派遣労働者がどのようなキャリアパス(ある職位や職務等に就任するために必要な一連の業務経験とその順序、配置、異動のルートやスキルの積み重ね等をいう。)を歩んでいくのか、当該派遣労働者の希望を聴取しながら、適切な派遣先の選択や必要な資格取得等についての知識を付与する等の支援を行うこと。」
そのために、
「派遣元事業主は、その雇用する派遣労働者が段階的かつ体系的に派遣就業に必要な技能及び知識を習得できるように教育訓練を実施しなければならない」
「派遣元事業主は、その雇用する派遣労働者の求めに応じ、当該派遣労働者の職業生活の設計に関し、相談の機会の確保その他の援助を行わなければならない。」
「どのような教育訓練を行うかについては、一義的には派遣元事業主の裁量に委ねられるが..具体的な教育訓練項目がキャリアアップに資する理由については教育訓練計画に記載する必要がある」
このような要件について、「キャリア形成支援制度構築」とは一体何をすべきか模索している会社も多いのではないでしょうか。
そこで弊社では、この改正派遣法の求めるキャリア形成支援制度構築の進め方Webセミナーを開講いたしました。

キャリア形成支援制度の中身

具体的には、
●キャリアコンサルティングを行うこと。
●キャリア形成に念頭を置いた適切な派遣先の選択ができるようにすること。
●キャリアアップに資する教育訓練の機会を提供することです。
キャリアコンサルティングは、希望者全員への実施、相談窓口の設置などの要件があります。
適切な派遣先の選択は、キャリア形成を念頭に置くこと、マニュアルの整備などの要件があります。
キャリアアップに資する教育訓練は、段階的かつ体系的教育訓練、キャリアップに資する事の説明、全員対象と、時間などの要件があります。
派遣会社は、これら派遣法の求めるキャリア形成支援制度を社内に構築しなければなりません

キャリア形成支援制度の疑問を解決

改正労働者派遣法が求める「派遣労働者のキャリア形成支援制度」について、
1.キャリア形成支援制度を構築するとは
2.キャリアコンサルティング構築ポイント
3.キャリア形成に寄与する派遣先の紹介・調整の構築ポイント
4.キャリアアップに資する教育の構築のポイント

という点について、疑問を持ち、模索している会社が多くあります。
セミナーでは、これら疑問について、どのように理解し、対処すればよいのか、
具体的な取り組み事例も交えながら説明いたします。
また、弊社「仕事塾」によって、これらへの対処がどのように実現できるかご紹介いたします。
受講特典として以下のものをご提供いたします。キャリア形成支援マニュアル進呈案内

【セミナー詳細】

受講方法 Webセミナー
インターネットに接続されたパソコン等で受講していただきます。
開講日 2016年6月23日~
受講時間 約20分
料 金 無料
対象者 人材派遣会社の経営幹部・派遣社員教育責任者
※個人の方、同業者の方の参加はご遠慮いただいております。

ご注意:youtubeへのアクセス制限などセキュリティ上の制限がかかっている機器や環境下では受講できない場合があります。
セミナー申込バナー

ページ上部へ戻る