RPA対象業務選定ポイント

RPA化の対象業務の選定に役立つツールです

RPAの導入によって効果がある業務には、工数面で効果のあるもの、品質面で効果のあるもの、システム面で効果のあるものなど、6つの領域があります。特に品質面での効果をめざすとRPAの導入効果は高まります。
RPAの導入で効果がある業務を選定するときに役立つツールです。

メールニュース会員限定特典としてダウンロードしていただけます。
ツールはPDFファイルです。最新のAcrobat Reader(Acrobat Reader X 以降のバージョン)でご覧ください。
まだメールニュース会員登録がお済みでない方は、下記よりご登録していただいたうえ、ダウンロード手順におすすみ下さい。

    ツールダウンロード

    メール会員登録

*関連動画(さらに詳しく↓↓)
RPA化の対象業務の選定ポイントついてもっと知りたい方は、動画ラーニングチャンネルで公開中の「RPAの導入で効果がある業務とは」の無料講座をご覧下さい。

関連商品

  1. 工程FMEA検討シート

  2. ABCによるコスト計算シート

  3. 滞留検討シート

  4. ビジネスキーワード抽出シート

  5. 問題解決ストーリーシート

  6. 購買先トラブル防止検討シート

    購買管理においては、自社の仕事だけでなく、購買先の中での仕事が、日常的に定常かつ正常に行われることを管理しなければなりません。 検討シートは、トラブルに繋がる原因を非日常、非定常、異常の視点で洗い出して対策するためのツールです。

ページ上部へ戻る