fbpx

RPA対象業務選定ポイント

RPA化の対象業務の選定に役立つツールです

RPAの導入によって効果がある業務には、工数面で効果のあるもの、品質面で効果のあるもの、システム面で効果のあるものなど、6つの領域があります。特に品質面での効果をめざすとRPAの導入効果は高まります。
RPAの導入で効果がある業務を選定するときに役立つツールです。

メールニュース会員限定特典としてダウンロードしていただけます。
ツールはPDFファイルです。最新のAcrobat Reader(Acrobat Reader X 以降のバージョン)でご覧ください。
まだメールニュース会員登録がお済みでない方は、下記よりご登録していただいたうえ、ダウンロード手順におすすみ下さい。

    ツールダウンロード

    メール会員登録

*関連動画(さらに詳しく↓↓)
RPA化の対象業務の選定ポイントついてもっと知りたい方は、動画ラーニングチャンネルで公開中の「RPAの導入で効果がある業務とは」の無料講座をご覧下さい。

関連商品

  1. サービススタッフスキル管理シート

  2. 平準化 スケジュールシート

  3. 経営改善のための会計指標評価シート

    会計指標評価シートは、固定資産回転率、棚卸し資産回転率、損益分岐点、売上高と限界利益率の伸び率などの指標で分析し、経営の改善点を浮き彫りにするためのツールです。

  4. 標準を守り維持するための作業手順書フォーム

    作業手順書フォームは、正しい作業を設計し計画するためのツールです。

  5. 要因抽出シート

  6. 製品原価計算シート

ページ上部へ戻る