働き方改革

  1. 仕事の計画イメージ

    仕事の計画力と段取力を高める12の方法とツール

    仕事の生産性を高める計画の立て方と段取りの仕方昔から段取7分仕事3分などと言われ、計画・段取りが仕事の出来を左右すると言われています。いい仕事をするためには、計画と準備が重要です。

    続きを読む
  2. 効率化のための整理整頓の必要性イメージ

    仕事の効率を高める整理整頓環境づくりの原則とポイント

    仕事環境の状態が仕事の効率化バロメータファイルや物が散らかった環境では、集中できない、間違いを引き起こすといった問題から仕事の効率は低くなります。また、仕事のやり方にムリ・ムラ・ムダがあるから中途半端なものが増え、散らかるのです。

    続きを読む
  3. 仕事力

    仕事の効率化~仕事力を鍛え上げる仕事環境づくりの原則とポイント

    やりにくいと思える仕事環境づくりが仕事力を高める慣れ親しんだ置き方や仕事の仕方が一番、効率がいいと思ってしまい勝ちですが、必ずしも効率が高いわけではありません。仕事の効率を左右するのは、業務遂行力の高さでもあるのです。

    続きを読む
  4. 5S活動の記事

    仕事の5S:平準化改善とは~仕事のムリ・ムラをなくす整頓改善の取り組み方法・ツール・事例

    長時間残業の元凶のムリ・ムラを取り除く仕事の整頓改善の進め方とポイント長時間残業の原因は、仕事量の多さだけではありません。仕事の中に潜むムリ・ムラも原因です。働き方改革に向けて残業時間を減らすためには仕事の偏りと滞りを無くしてムリ・ムラのない平準化をします。

    続きを読む
  5. 5S活動の記事

    仕事の5Sとは~残業を減らす仕事の整理改善の取り組み方

    ムダを取り除く仕事の整理改善の進め方とポイント仕事の5Sは、整理整頓の対象をモノや情報ではなく、仕事そのものを整理整頓の対象とする取り組みです。仕事の整理は、価値のない、または価値の低い仕事をやめる改善です。

    続きを読む
  6. 働き方改革

    仕事の見える化による「働き方改革」のアイディアと取り組み方法

    「働き方改革」のアイディアは見える化にある~属人化をなくしチーム力アップ働き方関連法案が成立し、長時間労働を是正するため、残業時間の規制は「原則月45時間、年360時間」(繁忙期:年720時間、月100時間未満)と定められ、違反した企業には罰則が科せられます。

    続きを読む
  7. 業務効率のまとめイメージ

    仕事の品質と生産性高める10のアイディアと役立つコツ

    早い・確実・ミスなし・効率的な働き方のコツと実践方法【10選】仕事のできる人が取り入れている意識・コツ・実践方法を詳しくご紹介した記事【10選】をまとめました。仕事の基盤、仕事の流れ、仕事の質の向上というテーマに分けてご紹介しています。

    続きを読む
  8. Google Keepの事例

    シングルタスクで高効率&高品質の仕事を進める方法とコツ

    仕事は集中できるシングルタスク!高品質な仕事を実現する効率策複数の仕事を抱えている中、1つの仕事に集中することで仕事の品質と効率を高めることができます。

    続きを読む
  9. 仕事を断る勇気

    不要不急の仕事を減らして仕事の生産性を高める方法とコツ

    ムリな仕事を正しく断り正しく代理を立てるための方策いつでも、何でも引き受けて仕事を抱え込んでしまうと、最終的に過負荷となり仕事をこなせなくなることがあります。仕事の棚卸しして、不要不急の仕事は断り、価値が高く重要度・優先度高い仕事に時間を投入するようにしましょう。

    続きを読む
  10. 仕事の分岐

    仕事の優先度を見直して仕事の生産性を高める方法とコツ

    効率仕事が進む!顧客の緊急度と重要度を基準にする優先度設定仕事の順番は、顧客の緊急度(期日)と重要度を基準にします。仕事上の作業の順番は、その仕事の中で発生する依頼者判断の分岐点の優先度が基準です。適切な優先順位で仕事を進め、常に見直しや調整を図ることで効率的な仕事が実現します。

    続きを読む
ページ上部へ戻る