働き方改革

  1. 時間管理のイメージ

    時間管理のコツは3要素を押さえること~実践方法をツールと事例で紹介

    時間管理はスケジュールとタスクとリソースの組み合わせと配分方法で解決!仕事の効率・生産性を高めるためには、時間を上手に使う力が必要です。決められた時間の中で仕事をやりきるためには、タスクとリソースの時間配分を効率的かつ適切な行わなければなりません。

  2. 働き方改革

    働き方改革:長時間残業をなくす取り組み方・ツールと事例

    時間と心のバランスをとる労務管理のための残業管理の手順・しかけと改善仕事をしていると、残業してでも頑張らないといけない時があります。顧客の要求に応えることができたり、自分自身の成長につながったりします。

  3. 働き方改革

    「働き方改革」で解決すべき課題と取り組み目的は何?

    何に向かって「働き方改革」をするのか~その疑問を解決!働き方改革では、多様な就業環境(時短やフレックス、在宅勤務)に対応した様々な社内制度や仕組みが必要となります。一方で、これら多様な就業環境が、働く者の孤立化を招くことも危惧されています。

  4. 5S活動の記事

    5S活動:仕事の整頓改善とは~仕事のムリ・ムラをなくす整頓改善の取り組み方・事例

    長時間残業の元凶のムリ・ムラを取り除く仕事の整頓改善の進め方とポイント長時間残業の原因は、仕事量の多さだけではありません。仕事の中に潜むムリ・ムラも原因です。働き方改革に向けて残業時間を減らすためには仕事の偏りと滞りを無くしてムリ・ムラを無くすことです。

  5. 働き方改革

    「働き方改革」のアイディアは見える化にある~属人化をなくしチーム力アップ

    「業務の見える化」による「働き方改革」のアイディアと取り組み方法労働力人口が継続的に減少する中、女性や高齢者の社会進出を後押しするために、短時間労働やフレックス勤務、在宅勤務など多様な就業形態・勤務形態を採用する動きが広がってきています。

  6. 5S活動の記事

    5S活動:仕事の5Sとは~残業を減らす仕事の整理改善の取り組み方

    ムダを取り除く仕事の整理改善の進め方とポイント仕事の5Sは、整理整頓の対象をモノや情報ではなく、仕事そのものを整理整頓の対象とする取り組みです。仕事の整理は、価値のない、または価値の低い仕事をやめる改善です。

ページ上部へ戻る