5Sの進め方

  1. 5S活動の記事

    5S活動についての社員の意識と姿勢、定着度、5Sの効果性の診断と改善の事例

    5S活動:5S診断と取り組み改善の事例5S活動が徹底しない、効果がない、やらされ感から反発があるなど、問題を抱えた企業は多くあります。自分たちの5S活動について、多面的かつ客観的に評価し、課題を洗い出して、自分たちの取り組み方を改善するために、5S診断をしてみましょう。

    続きを読む
  2. 心構え

    組織の整理整頓の仕方とリーダーの心得

    組織の整理整頓の運命は、取り組み前に設定する決め事次第!仕事でも家庭でも、当たり前のこととわかっていながら実践できないのが整理整頓です。しかし、組織では、そのできないことを放っておくわけにはいきません。

    続きを読む
  3. 5S活動の記事

    5S活動が定着せずイマイチで効果のない理由とは

    5S活動が続かないで定着せず効果がない会社に共通する理由とは多くの会社が5S活動を行っていますが、5Sに取り組んでから品質も生産も高くなり、組織風土も良くなった会社がある一方で、目に見える効果もなく、社員はやらされ感の中、5Sが続かないで負担ばかりを感じている会社があります。

    続きを読む
  4. 5S活動の記事

    5S活動の見える化の進め方と知恵の共有の仕方

    知恵とガンバリと効果を見える化して共有しよう5S活動をより良い活動とするためには、いまを見える化し、改善をしなければなりません。5S改善に取り組んでいる人は、様々な知恵と工夫をしています。

    続きを読む
  5. 5S活動の記事

    5S活動の人材育成の進め方とポイント

    意識と行動を変え成果を出す行動特性を築く改善を成功させるためには、人の意識と行動も変えなければなりません。成果を出す行動特性を身に着け、改善した環境や手順、やり方を日常業務において活かすことができるようにしましょう。

    続きを読む
  6. 5S活動の記事

    5S活動の改善力を高める方法とポイント

    5S改善の仕組みとツールづくり改善としての5S活動とするためには、改善の基本スタイルを身につけなければなりません。改善ボートによる活動の見える化を行い、改善推進のための仕組みづくりを行って改善のPDCAを回せるようにしましょう。

    続きを読む
  7. 5S活動の記事

    5S活動の目的・目標の設定の仕方と管理ポイント

    目的・方針・目標の設定と結果をつくるための5S活動のプロセス管理職場で5Sや改善活動を展開するには、5Sや改善の目的、意義や効果を活動に関わる者、全員が認識し共有しなければなりません。

    続きを読む
  8. 5S活動の記事

    職場の5S活動とは~成功のための場づくりと体制づくりのポイント

    5S活動を進めるためのしくみと体制5S活動の取り組みの最初は、5S改善活動を進める場づくりとして、改善ボードの設置とスタンディングミーティングの導入を行います。5S改善活動を推進する体制では、管理者、改善リーダー、改善トレーサー、改善伝道師の4役を置きます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る