人材育成

  1. バックオフィス業務イメージ

    バックオフィス業務を効率化する6つのしかけとツール

    営業のバックオフィス業務の見える化の取り組み営業などのオフィス業務で負担感を感じるトップがバックオフィス業務です。伝票処理などの定型的で繰り返し性の事務処理業務は、何か効率化できそうと感じつつも改善が進まないことが多いようです。

    続きを読む
  2. 学び方を変える

    実践できないのは学び方に問題がある?理解スピードと実践力を高めるポイント

    仕事の学び方の問題を解決する学びスタイルの実践仕事力を高める知識や方法を学んでも、実践できないことも少なくありません。

    続きを読む
  3. PDCAのスパイラルアップのイメージ

    OODAループ的PDCAの回し方~Doから始めて事実を観察し仮説を立てて検証して改善サイクルを回す方法とポイント

    PDCAの問題点をOODAループ的に解決する方法とツールPDCAの問題点は、計画を基点にし、事実を反映できないことにあります。このPDCAの問題を解決する有効な方法として、最近OODAループが注目されています。

    続きを読む
  4. 人的ネットワーク・人脈のつくり方

    人的ネットワーク・人脈のつくり方のポイント

    自分を変えて高めるためのネットワークづくり人は自分と同じ考え方や価値観を持っている同質の人とつながりを持とうとします。しかし、同質な人のネットワークからは、自分の知らない世界のことを教えてはくれません。自分の殻を破り、新しい世界に踏み出すようなきっかけを得ることはできません。

    続きを読む
  5. 報連相のイメージ写真

    仕事の報告・連絡・相談の仕方とポイント

    組織力を高めるコミュニケシーンの基本は報連相仕事のコミュニケーションの基本形は、報告、連絡、相談です。略して報連相と言ったりします。「報告」とは、指示を与えられた人が、その進行状況や結果を指示を出した人に伝えることです。

    続きを読む
  6. 労働安全衛生イメージ

    職場の労働安全衛生の基礎知識と取り組みポイント

    身を守り健康を維持するため安全衛生の基礎知識とポイント安全衛生とは、職場における労働者の安全と健康を確保し快適な職場環境を形成するための取り組みです。災害や病気の発生に関する基礎的知識を学び、安全衛生の4つの約束を守り、身を守り健康を維持するための安全と健康のポイントを実践しましょう。

    続きを読む
  7. 心構え

    カウンセリング・マインドの業務への活用方法|4つの進め方と3の技法

    自己解決を支援して成長させる進め方とポイントカウンセリング・マインドは、カウンセリングの手法を活用して、業務に支障をきたしている人の「自己解決」を助ける方法です。職場の組織管理や人材育成、問題解決などに取り入れることで、個人と組織の活性化をはかることができます。

    続きを読む
  8. ファシリテーションイメージ

    ファシリテーションとは~必要な知識・スキルと手法を使いこなすコツ

    ファシリテーション手法の場づくり・対話力・合意形成力とは ファシリテーションは、会議やプロジェクトで合意形成や相互理解を高めて、チームとしての自律的な問題解決を促し、業務課題を解決することで組織の業務遂行力を高めることをめざします。

    続きを読む
  9. コーチングスキルのイメージ

    コーチングとは~必要なスキルとやり方のポイント~ルールとスタイルの決め方

    ビジネスにコーチングを取り入れるためのコーチングスキルとやり方コーチングとは、相手の能力や可能性を最大限に引き出し、行動を促し、結果をつくり出すことを支援するコミュニケーションスキルです。めまぐるしく変わっていくビジネス環境において、答えを自らつくり出す人材が求められています。

    続きを読む
  10. 仕事とQCDのイメージ

    QCDとは仕事のモノサシ~品質・コスト・納期の定義と職種による違いを理解

    QCDは仕事の基本仕事をした時、その仕事が良かったのか、悪かったのか、わからないまま仕事をすることはありません。仕事の良し悪しを判断するモノサシがあります。仕事はQ:品質、C:コスト、D:納期の3つのモノサシではかります。そして、この3つのモノサシは、相互に関連し合っています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る