5S活動再挑戦プログラム

csc_hed1_5_4

人と組織を活き活きとさせ効果を出す活動に変える5S活動への再挑戦プログラム

5S活動再挑戦プログラムには4つの特徴があります
<目次>

 (1)5S活動診断で自社の5S活動の課題を洗い出す
 (2)5S改善伝道師による効果ある5Sの浸透
 (3)5S成功組織の行動特性を盛り込んで展開プログラム

5S活動の社内推進ポイントについて詳しく知りたい方はこちらのセミナーへ
5S活動再挑戦セミナー案内

(1)5S活動診断で自社の5S活動の課題を洗い出す

診断はアンケートとインタビューによって以下の点を診断します。

  1.  社員の5Sに対して抱いている印象
  2.  5S活動を阻むモノに対する認識
  3.  5Sによって得られる効果に対する理解と認識
  4.  自身の5Sレベル評価の傾向

診断によって、5Sの実態を事実として認識したうえで、活性化し効果のある5S活動への取り組みの課題を明らかにします。
5S_Shindan3

(2)5S改善伝道師による効果ある5Sの浸透

5S活動再挑戦プログラムの大きな特徴の1つが5S改善伝道師を置くことにあります。
経営・業務において効果を実感できる5Sを組織に伝え浸透させる役割をもたせます。
見本たる改善モデルづくりと改善リーダー・メンバーのサポートを通じて、組織を活性化させ、効果を出せる5S活動をつくりあげていきます

3方向からの教育による5Sの理解と認識の転換をはかります

5S改善リーダー、伝道師、職場メンバーに対する5S教育を徹底し、今までの5Sに対する理解と認識を払しょくし、本来の求める5S活動の姿をイメージできる教育をします。
5S_FramWork

(3)5S成功組織の行動特性を盛り込んで展開プログラム

再挑戦の展開プログラムは、5Sを成功させている組織に見られる行動特性を盛り込み、診断結果からの課題解決をするプログラムをカスタムメイドで立案し実行していきます。

  1.  場づくりと体制づくり
  2.  5Sの正しい理解
  3.  目的と管理指標の設定
  4.  5S改善力を身につける
  5.  成果を出す人づくりをめざす
  6.  継続推進力をもたせる

5S_SaichousenPRG3

contact_us_shiryou_banner2

5S改善活動導入実施キットダウンロード

ページ上部へ戻る