トヨタ生産方式

  1. トヨタ生産方式

    トヨタ生産方式:自働化で品質のつくり込みと省人化をはかる

    自働化が品質管理の考え方を変え、人が人らしい働き方ができるようにするトヨタ生産方式には、ジャスト・イン・タイムと自働化の2本柱があります。トヨタ生産方式では、ニンベンのついた自働化をめざします。一般的に自動化は、人の作業を機械化することを指し、効率やスピードアップをめざします。

  2. 改善塾

    改善塾物語1:「改善塾、始まるってよ」~トヨタの自主研究会スタイルの自律改善~

    トヨタの「かんばん方式」を開発業務に適用した改善塾の取り組みの物語トヨタ生産方式の「かんばん方式」はなぜ、トヨタグループ全体に浸透できたのでしょうか。トップダウンではありません。良いモノ・必要なモノを自ら研究し職場に広げる有志の集まり=自主研究会が広げました。

  3. トヨタ生産方式

    トヨタ生産方式:小ロット生産とは~導入の進め方と事例

    トヨタ生産方式:小ロット生産とは~導入の進め方と事例「細くて速い」流れでモノをつくろうとすると、大ロット生産していた工程では規模の経済性を犠牲にしてでも小ロット生産にし、小刻みにモノを流すことに努めます。個々の能率は、必ずしも全体の効率に結びつきません。

  4. トヨタ生産方式

    トヨタ生産方式:工場の生産管理の極意は流れの中のQCDを管理すること

    モノと人と情報の流れを整えて工程と作業を計画して管理する方法工場の生産管理とは、1.モノと人と情報の流れを整合させて機能させること2.適正なコストで生産できることを計画し管理すること3.QCDSを確保できる工程を計画し管理すること4.QCDSを実現できる作業を計画し管理することで...

  5. トヨタ生産方式

    トヨタ生産方式:かんばん方式とは~導入と進め方・事例

    ジャストインタイムのトヨタ生産方式を支える「かんばん方式」の導入と進め方かんばんは、後工程引取りのためのツールです。生産・運搬の指示情報で、何を・いつ・どこに・どれだけ・どういう順序で生産するか、運搬するか指示します。目で見る管理を実現するもので、改善を促進する道具でもあります。

  6. トヨタ生産方式

    トヨタ生産方式:整流化改善とは~工程の流れ化の進め方・事例

    モノと人と情報の流れを整える工程の流れ化改善の進め方ムダ取り改善ができ、個々の職場の標準化が図られると、次は個々の前後工程を合わせて連結した1本の工程として整流化を図ります。整流化=工程の流れ化とは、流れでモノをつくることです。流れの滞るところにはモノの停滞が生じ在庫が発生します。

  7. トヨタ生産方式

    トヨタ生産方式:標準作業とは~3点セットの作り方~テキスト・ツール・事例

    標準3票による標準作業づくりとムダとり改善の進め方トヨタ生産方式で標準作業の作成がライン改善の始まりとなります。標準作業とは、どのようなもので、どのようにつくればいいのでしょうか。標準作業による現場改善・ライン改善の9つのポイントについて事例を交えて解説します。

  8. トヨタ生産方式

    トヨタ生産方式導入1 まず原単位を徹底的に小さくすることを考える

    原単位が小さいとトヨタ生産方式のメリット傍受トヨタ生産方式を導入するにあたり、最初に考えることは、原単位を限りなく小さくすることです。原単位が小さければ小さいほどトヨタ生産方式のメリットを享受できますが、相反して効率性の問題が出てきます。

  9. トヨタ生産方式

    トヨタ生産方式を失敗する会社と成功する会社の違いは何でしょう?

    トヨタ生産方式の成否の違いと成功のポイントトヨタ生産方式を導入して定着させ劇的に効果を出せる会社は多くはありません。トヨタ生産方式の導入に失敗する会社と成功する会社の違いと成功のためのポイントをご紹介します。

  10. トヨタ生産方式

    本当にトヨタ生産方式が必要ですか?

    必要性と効果のポイントトヨタ生産方式の導入は必ずしも効果があるとは限りません。自社の工場・ライン改善への必要性と効果を検討する上、2本柱のJIT:ジャストインタイムと自働化を基本としたポイントをご紹介します。

ページ上部へ戻る