見える化

  1. 働き方改革

    働き方改革とは~成功のための取り組み方~テキスト・ツール・事例について

    多様な就業環境においても生産性とチーム力を高めるしかけと改善働き方改革では、多様な就業環境(時短やフレックス、在宅勤務)に対応した様々な社内制度や仕組みが必要となります。一方で、これら多様な就業環境が、働く者の孤立化を招くことも危惧されています。

  2. 5S活動の記事

    5S活動:仕事の整頓改善とは~仕事のムリ・ムラをなくす整頓改善の取り組み方・事例

    長時間残業の元凶のムリ・ムラを取り除く仕事の整頓改善の進め方とポイント長時間残業の原因は、仕事量の多さだけではありません。仕事の中に潜むムリ・ムラも原因です。働き方改革に向けて残業時間を減らすためには仕事の偏りと滞りを無くしてムリ・ムラを無くすことです。

  3. 働き方改革

    働き方改革に向けて取り組むこと~見える化が役に立つ

    業務の見える化改善による働き方改革の具体的な取り組みノウハウ労働力人口が継続的に減少し、将来において増加する見込みもない中で、生産性を高めることが企業においても、国においても重要な課題となっています。

  4. 仕事のミス防止変更箇所カラーマーク

    仕事のミスをなくす:思い込みで変化に気づかないミスをなくす見える化改善

    思い込みや慣れから変化に気がつかず見落とすミスをなくすための見える化改善変化に気がついていない人は、変化や変更前のやり方で仕事をします。

  5. 仕事のミス防止重緊マップ

    仕事のミスをなくす:目的が曖昧で適正がわからず発生するミスをなくす見える化改善

    仕事の目的が曖昧で適正かわからず起こしてしまうミスをなくすための見える化改善適正がわからないことからミスが発生する理由は、そもそも、どの程度までやったらいいのかわからず、やり過ぎ、不足がわからないことによります。

  6. 仕事のミス防止プロセスマップ

    仕事のミスをなくす:やり方が明確でなく戸惑うために発生するミスをなくす見える化改善

    仕事のやり方が明確でなく戸惑って間違えてしまうミス、エラーの見える化改善やり方が明確でないとミスが発生する理由は、正しいやり方や、正しいアウトプットがわからないことから、正しくないことに気がつかないからです。特に、正しいアウトプットがわからなければ、正しいことが確認できません。

  7. 仕事のミス防止煩雑な環境

    仕事のミスをなくす:煩雑な環境で混乱して発生するミスをなくす見える化改善

    煩雑な環境によって、混乱して、間違えたりするミス、エラーの見える化改善煩雑の環境は、いろいろな事を見えにくくしたり、わかりにくくしたりします。モノや情報が煩雑になっていると、頭の中も煩雑になります。頭の中が煩雑だから、モノや情報が整理できていないこともあります。

  8. 仕事のミス防止ニコニコカレンダー

    仕事のミスをなくす:沈んだ気持ちからのミスをなくす見える化改善

    沈んだ気持ち、逸る気持ちからあり得ないことをするミス、エラーの見える化改善気持ちの浮き沈みなどから、なぜ、ミスは発生するのでしょうか?それは、気持ちの大きな浮き沈みに左右されて、集中して考えられない。同時に複数の事柄の関係を整理して鳥瞰して見ることができない。

  9. 仕事のミス防止ミスの特性

    仕事のミスをなくす:ミスの特性と影響、見える化改善のポイント

    仕事のミスなくすための取り組みの重要性と見える化改善の進め方ミスするのは人間です。環境やしくみ、方法の改善であってもすべては人のミスの発生率を下げ、流出を止める取り組みです。人がミスをしてしまう環境や状況をつくらないように、人の気持ちを高めて集中力を維持できるようにする改善をしていきます。

  10. 仕事の見える化:かんばん方式のタスク管理とは~テキストとツール・事例について

    仕事を見えるようにし、チーム力を高めるトヨタのかんばん方式のタスク管理の基礎と取り組み手順かんばん方式のタスク管理は、仕事の見える化の原則に基づいて、チームとして共有し管理しなければならない仕事をタスクカードで明らかにし、管理する手法です。

ページ上部へ戻る