見える化

  1. タスク管理のイメージ

    「タスク管理」で仕事の計画と進捗管理力を高める方法~かんばん方式が使える!理由

    仕事を見える化しチーム力を高める「タスク管理」の実践方法とツールを紹介タスクカードで仕事を見える化して、スケジュール管理やタスクの共有・平準化をするかんばん方式のタスク管理は、進捗管理力とチーム力が向上します。管理方法は、生産で実績のあるトヨタのかんばん方式の管理原則を活用しています。

  2. 見える化実践ステップイメージ

    見える化を実践するための5つのステップとは~

    トヨタ方式の見える化の実践はめざす姿を明らかにすることから始めます。仕事に役立つ見える化を導入し実践するためにはやるべきステップがあります。見えるようにするものを決める前に、何のために見える化するのか、見える化によって何を良くするのかを明らかにすることから始めましょう。

  3. 見える化の6つの目的と効果とは~トヨタ方式の「目で見る管理」の目的

    トヨタ方式の見える化=「目で見る管理」の目的と効果について。仕事のパフォーマンスを高めるために見える化は役に立ちます。では、見える化の目的とは? そしてその効果はどのようなものでしょう。トヨタ方式の見える化の目的と効果を知れば見える化を役立てる方法が見えてきます。

  4. 見える化のキーワード

    トヨタ方式の見える化を理解するための3つのキーワード

    トヨタ方式の見える化=「目で見る管理」を理解するためポイント見える化とは“見えないもの”を見えるようにすることです。では、見えない何かとは何でしょう。その何かがわかれば見える化の理解が深まります。

  5. 営業力を高める「見える化」と「見せる化」とは

    売れる営業となるための「見える化」と「見せる化」のポイント営業力に求められるものとして、「提案力」をよく耳にします。「提案力」は、顧客などに自分たちの商品やサービスの良さを訴求する力です。

  6. 5S活動の記事

    5S活動:仕事の整頓改善とは~仕事のムリ・ムラをなくす整頓改善の取り組み方・事例

    長時間残業の元凶のムリ・ムラを取り除く仕事の整頓改善の進め方とポイント長時間残業の原因は、仕事量の多さだけではありません。仕事の中に潜むムリ・ムラも原因です。働き方改革に向けて残業時間を減らすためには仕事の偏りと滞りを無くしてムリ・ムラを無くすことです。

  7. 働き方改革

    「働き方改革」のアイディアは見える化にある~属人化をなくしチーム力アップ

    「業務の見える化」による「働き方改革」のアイディアと取り組み方法労働力人口が継続的に減少する中、女性や高齢者の社会進出を後押しするために、短時間労働やフレックス勤務、在宅勤務など多様な就業形態・勤務形態を採用する動きが広がってきています。

  8. 生産管理の工場管理における変化点管理

    生産管理:工場の日常管理力を高めるための4つのポイント

    QCDSの見える化によって異常を検知し予防型管理の日常管理力を手に入れる。結果だけを見ていては、事後対応となってしまいます。結果をつくるためには、日々の生産における基本要素のQCDSに焦点をあて、それらを適切に管理することは不可欠です。

  9. 生産管理の工場管理における変化点管理

    生産管理:結果をつくるための管理指標の6つのポイント

    見える化によって変化にチャレンジし結果つくるマネジメント力を高める。日々の仕事に追われ、目標を達成することを管理するだけが工場の生産管理ではありません。将来にわたって競争力ある工場とするためには、環境が変わり、生産が変わっても、高い品質と生産性を達成するすることが求められます。

  10. 仕事の見える化:タスク管理による見える化改善の進め方

    かんばん方式のタスク管理でチーム力を高める見える化仕事の見える化は、何のため、誰のために行っているか考えてみましょう。上司や管理者のための見える化ではありません。

ページ上部へ戻る