見える化

  1. 生産管理の工場管理における変化点管理

    工場の生産管理のための7つの視点(モノ、4M、QCDS、情報、日常管理、方向性・思い、全体・経営)の見える化

    生産管理:工場長・製造管理者のため見える化の進め方・事例工場の管理者が陥りやすいのが結果の管理です。計画に対し実績はどうなのか、月末や年度末に一喜一憂を繰り返します。

  2. 生産管理の工場管理における変化点管理

    工場の生産管理のためのQCDSの視点(品質、コスト、納期、安全)の見える化のポイントと事例

    QCDSの見える化によって異常を検知し予防型管理の日常管理力を手に入れる。結果だけを見ていては、事後対応となってしまいます。結果をつくるためには、日々の生産における基本要素のQCDSに焦点をあて、それらを適切に管理することは不可欠です。

  3. 見える化実践ステップイメージ

    トヨタ方式の見える化を実践するための5つのステップとは~進め方と事例・ツールの紹介

    トヨタ方式の見える化の実践はめざす姿を明らかにすることから始めます。見える化は手段であって見える化することが目的ではありません。見える化によって何をどのようによくするのか、「めざす姿」を定義し、実現するための行動を明らかにすることから始めます。

  4. 見える化の6つの目的と効果とは~トヨタ方式の「目で見る管理」のやり方とポイントの紹介

    トヨタ方式の見える化=「目で見る管理」の目的と効果について。仕事のパフォーマンスを高めるために見える化は役に立ちます。トヨタ方式の見える化の目的と効果を知れば見える化を役立てる方法が見えてきます。トヨタ方式の見える化は、人に行動を開始させ、その行動によって何かを変えて良くすることです。

  5. 見える化のキーワード

    トヨタ方式の見える化を理解するための3つのキーワード

    トヨタ方式の見える化=「目で見る管理」を理解するためポイント見える化とは“見えないもの”を見えるようにすることです。では、見えない何かとは何でしょう。その何かがわかれば見える化の理解が深まります。

  6. 営業力強化のための提案力をつける見える化とは~取り組み方法と事例

    売れる営業となるための「見える化」と「見せる化」のポイント営業力に求められるものとして、「提案力」をよく耳にします。「提案力」は、顧客などに自分たちの商品やサービスの良さを訴求する力です。

  7. 生産管理の工場管理における変化点管理

    工場の生産管理力を高めるための結果をつくる管理指標の6つのポイント

    見える化によって変化にチャレンジし結果つくるマネジメント力を高める。日々の仕事に追われ、目標を達成することを管理するだけが工場の生産管理ではありません。将来にわたって競争力ある工場とするためには、環境が変わり、生産が変わっても、高い品質と生産性を達成するすることが求められます。

  8. チームの仕事を見える化!異常の見える化で業務目的・目標を達成する取り組み方法とツール

    かんばん方式のチームタスク管理でチーム力を高める見える化仕事の見える化は、何のため、誰のために行っているか考えてみましょう。上司や管理者のための見える化ではありません。

ページ上部へ戻る