見える化

  1. 人時生産性イメージ

    人時生産性とは~計算式と分析方法のツールと事例

    管理や生産性改善に役立つ人時生産性の計算・分析方法人時生産性は、仕事の効率性を測るモノサシです。管理や改善を行うためには、現在の状態や改善前後の変化を客観的に測定評価することが必要です。人時生産性は、仕事を客観的に測定評価するモノサシとして、最も有効な指標です。

    続きを読む
  2. 生産現場の見える化のイメージ

    生産管理のための見える化の目的と役割~見える化をなぜするのか?

    見える化で生産管理の7大弊害をなくす生産現場では、様々なものが「見えない」ことにより、計画通りに事が進まない、生産高が上がらない、利益が出ない、顧客に迷惑をかける、従業員が辞めてしまうなど様々なムリ・ムダ・ムラの問題が生まれます。

    続きを読む
  3. KPIイメージ

    OKRに役立つKPIの設定の仕方と管理のコツ

    目的と関連付けでKGIとKPIによる管理で目標を達成させる最近注目されているOKR(Objective Key Results)ですが、KGIやKPIと組み合わせることで目標達成に向けた取り組みのレベルが高まります。

    続きを読む
  4. 取り組みの評価分析のイメージ

    組織目標管理(OKR)のための実績の評価と振り返りのコツ

    改善を繰り返すPDCAサイクルを回すための評価・分析と振り返り方法会社や部門の目標を管理する方法には、方針管理やOKR(Objectives and Key Results)があります。いずれも目標の設定がゴールではなく、目的・目標の達成がゴールです。

    続きを読む
  5. 生産管理の工場管理における変化点管理

    工場の生産管理のための7つの視点(モノ、4M、QCDS、情報、日常管理、方向性・思い、全体・経営)の見える化

    生産管理:工場長・製造管理者のため見える化の進め方・事例工場の管理者が陥りやすいのが結果の管理です。計画に対し実績はどうなのか、月末や年度末に一喜一憂を繰り返します。

    続きを読む
  6. 生産管理の工場管理における変化点管理

    工場の生産管理のためのQCDSの視点(品質、コスト、納期、安全)の見える化のポイントと事例

    QCDSの見える化によって異常を検知し予防型管理の日常管理力を手に入れる。結果だけを見ていては、事後対応となってしまいます。結果をつくるためには、日々の生産における基本要素のQCDSに焦点をあて、それらを適切に管理することは不可欠です。

    続きを読む
  7. 見える化実践ステップイメージ

    トヨタ方式の見える化を実践するための5つのステップとは~進め方と事例・ツールの紹介

    トヨタ方式の見える化の実践はめざす姿を明らかにすることから始めます。見える化は手段であって見える化することが目的ではありません。見える化によって何をどのようによくするのか、「めざす姿」を定義し、実現するための行動を明らかにすることから始めます。

    続きを読む
  8. 見える化の6つの目的と効果とは~トヨタ方式の「目で見る管理」のやり方とポイントの紹介

    トヨタ方式の見える化=「目で見る管理」の目的と効果について。仕事のパフォーマンスを高めるために見える化は役に立ちます。トヨタ方式の見える化の目的と効果を知れば見える化を役立てる方法が見えてきます。トヨタ方式の見える化は、人に行動を開始させ、その行動によって何かを変えて良くすることです。

    続きを読む
  9. 見える化のキーワード

    トヨタ方式の見える化を理解するための3つのキーワード

    トヨタ方式の見える化=「目で見る管理」を理解するためポイント見える化とは“見えないもの”を見えるようにすることです。では、見えない何かとは何でしょう。その何かがわかれば見える化の理解が深まります。

    続きを読む
  10. 営業力強化のための提案力をつける見える化とは~取り組み方法と事例

    売れる営業となるための「見える化」と「見せる化」のポイント営業力に求められるものとして、「提案力」をよく耳にします。「提案力」は、顧客などに自分たちの商品やサービスの良さを訴求する力です。

    続きを読む
ページ上部へ戻る