見える化

  1. 働き方改革

    働き方改革とは~成功のための取り組み方~テキスト・ツール・事例について

    多様な就業環境においても生産性とチーム力を高めるしかけと改善働き方改革では、多様な就業環境(時短やフレックス、在宅勤務)に対応した様々な社内制度や仕組みが必要となります。一方で、これら多様な就業環境が、働く者の孤立化を招くことも危惧されています。

  2. 5S活動の記事

    5S活動:仕事の整頓改善とは~仕事のムリ・ムラをなくす整頓改善の取り組み方・事例

    長時間残業の元凶のムリ・ムラを取り除く仕事の整頓改善の進め方とポイント長時間残業の原因は、仕事量の多さだけではありません。仕事の中に潜むムリ・ムラも原因です。働き方改革に向けて残業時間を減らすためには仕事の偏りと滞りを無くしてムリ・ムラを無くすことです。

  3. 働き方改革

    働き方改革に向けて取り組むこと~見える化が役に立つ

    業務の見える化改善による働き方改革の具体的な取り組みノウハウ労働力人口が継続的に減少し、将来において増加する見込みもない中で、生産性を高めることが企業においても、国においても重要な課題となっています。

  4. 仕事の見える化:かんばん方式のタスク管理とは~テキストとツール・事例について

    仕事を見えるようにし、チーム力を高めるトヨタのかんばん方式のタスク管理の基礎と取り組み手順かんばん方式のタスク管理は、仕事の見える化の原則に基づいて、チームとして共有し管理しなければならない仕事をタスクカードで明らかにし、管理する手法です。

  5. 生産管理の工場管理における変化点管理

    生産管理:工場の日常管理力を高めるための4つのポイント

    QCDSの見える化によって異常を検知し予防型管理の日常管理力を手に入れる。結果だけを見ていては、事後対応となってしまいます。結果をつくるためには、日々の生産における基本要素のQCDSに焦点をあて、それらを適切に管理することは不可欠です。

  6. 生産管理の工場管理における変化点管理

    生産管理:結果をつくるための管理指標の6つのポイント

    見える化によって変化にチャレンジし結果つくるマネジメント力を高める。日々の仕事に追われ、目標を達成することを管理するだけが工場の生産管理ではありません。将来にわたって競争力ある工場とするためには、環境が変わり、生産が変わっても、高い品質と生産性を達成するすることが求められます。

  7. 仕事の見える化:タスク管理による見える化改善の進め方

    かんばん方式のタスク管理でチーム力を高める見える化仕事の見える化は、何のため、誰のために行っているか考えてみましょう。上司や管理者のための見える化ではありません。

  8. 仕事の見える化:かんばん方式のタスク管理の運用事例~職場はどうなる?

    チームタスク管理で負荷の平準化による残業を減らす取り組み事例「かんばん方式のタスク管理」(ストア管理)が導入されると職場(チーム)どうなるのでしょうか?かんばん方式のタスク管理が導入された職場(チーム)おいて、仕事の計画や管理がどのように変わるのか、チーム力は高まるのか、一週間の軌跡を追いな...

  9. 仕事の見える化:かんばん方式のタスク管理で人づくりとプロセス/組織管理力を高める

    人づくりとプロセス管理力・組織力を高めるタスク管理「かんばん方式のタスク管理」とは、ひとことで言うと、プロジェクト管理やオフィス業務向けのかんばん方式です。

ページ上部へ戻る