ミス防止

  1. 仕事のミス防止ミスの特性

    事務ミス・作業ミスの傾向と対策~発生率を下げて流出させないための仕掛けと事例

    仕事のミスをなくすための対策の重要性と見える化改善の進め方ミスするのは人間です。ヒューマンエラーやポカミスだからと、人に対策を求めるのではなく、環境やしくみ、方法の改善によって、人のミスの発生率を下げ、流出を止める取り組みが重要です。

  2. ミスする人の傾向のイメージ

    事務ミス・作業ミスの多い人の7つの傾向的特徴と対策の方法・事例

    ミスの発生率を下げ流出させないための人の行動特性タイプ別のミス対策の仕掛けと事例仕事でミスするのは人間です。環境やしくみ、方法の改善であってもすべては人のミスの発生率を下げ、流出を止める取り組みです。万人に共通の改善策はありません。

  3. 仕事のミス防止変更箇所カラーマーク

    思い込みミスの起きやすい変更・変化時の管理力を高める化改善

    変化に気づかない思い込みミスをなくす見える化改善変化に気がついていない人は、変化や変更前のやり方で仕事をします。仕事の環境や手順が変わることがあるという前提で仕事をしていない人は、慣れた仕事に注意を払わず、いつもと同じ思い込み、決めつけて変化に気がつかず、思い込みミスをしてしまいます。

  4. 仕事のミス防止重緊マップ

    事務ミス・作業ミスの検出力を高めて気づかないミスの被害拡大防止力を高める改善方法と事例

    仕事の中に潜むミスを気づかせる見える化改善適正がわからないことからミスが発生する理由は、そもそも、どの程度までやったらいいのかわからず、やり過ぎ、不足がわからないことによります。担当者の主観や思いによって、仕事の適正が判断されてしまい、ミスやエラーも担当の判断に左右され、顕在化できません。

  5. 仕事のミス防止プロセスマップ

    事務ミス・作業ミスをなくすためのミスを前提とした仕事の計画・段取り改善

    やり方が明確でなく個人任せのために発生するミスをなくす見える化改善やり方が明確でないとミスが発生する理由は、正しいやり方や、正しいアウトプットがわからないことから、正しくないことに気がつかないからです。特に、正しいアウトプットがわからなければ、正しいことが確認できません。

  6. 仕事のミス防止煩雑な環境

    事務ミス・作業のミスの起きにくい仕事環境をつくる改善方法と事例

    煩雑な環境で混乱して発生するミスをなくす見える化改善煩雑の環境は、いろいろな事を見えにくくしたり、わかりにくくしたりします。モノや情報が煩雑になっていると、頭の中も煩雑になります。頭の中が煩雑だから、モノや情報が整理できていないこともあります。

  7. 仕事のミス防止ニコニコカレンダー

    事務ミス・作業ミスをなくすために人のマインド・集中力を高めてミス防止風土を高める改善

    沈んだ気持ち、逸る気持ち、助け合わない風土からのミス・エラーの見える化改善気持ちの浮き沈みなどから、なぜ、ミスは発生するのでしょうか?それは、気持ちの大きな浮き沈みに左右されて、集中して考えられない。同時に複数の事柄の関係を整理して鳥瞰して見ることができない。

ページ上部へ戻る