改善活動

  1. 改善伝道のイメージ

    改善活動を導入するための改善伝道の進め方

    職場に改善活動を根付かせる取り組み方法改善活動は、指示しただけでは始まりません。改善の目的から始まり、活動の見える化、コミュニケーションの枠組み、PDCAの改善サイクルなど仕組みの導入と行動変革を引き起こすフォローをしなければなりません。改善の道を伝える伝道が必要です。

    続きを読む
  2. 問題解決できないトップイメージ

    問題解決ができない理由と時間のかかる原因~問題解決の取り組みに潜む落とし穴

    なぜ問題解決ができないのか~取り組み方の問題を考える仕事の成否は行き着くところ問題が解決できたか否かにつきます。ビジネスパーソンの必須スキルとして多くの人が問題解決手法を学んでいますが、手法を活かしきれず、問題を解決できていません。

    続きを読む
  3. 原因分析のイメージ

    原因分析の手法~事例で解説する真因を導き出す手順とツール

    問題解決力を高める原因分析のフレームワークと仕掛け問題解決で皆さんを悩ませる代表と言えるのが「原因分析」です。真の原因にたどり着けていないとき、原因が論理的に導き出せないとき、問題解決は行き詰ります。何度、対策しても問題は解決できず、効果がありません。

    続きを読む
  4. 課題設定のイメージ

    課題設定力を高めるための3ステップとツール・事例

    効果ある問題解決のための課題の絞り込みと設定の仕方問題が大きすぎるとき、複雑すぎるときは、何から手を付けていいかわからなくなります。また、大きいまま、複雑なままでは、原因が多岐にわたり、解決向けた取り組み事項も多く、対応できなくなります。

    続きを読む
  5. 工程FMEAの作成事例

    工程FMEAとは~工程品質を高める5ステップとやり方・ツール・事例

    トヨタの変化点管理を付加した工程FMEAのやり方と事例工程FMEA(PFMEA)は、FMEAという手法を工程管理に当てはめたもので、FMEAは故障モード影響解析の英語の略称です。工程の不具合を想定して、対策し、信頼品質を高めるための手法です。

    続きを読む
  6. QC7つ道具特性要因図

    QC7つ道具の使い方:現状調査から原因分析に役立つQC手法のテキスト、作成事例

    層別・チェックシート・特性要因図・散布図の作成方法と使い方QC7つ道具には、チェックシート、特性要因図、散布図、グラフ、パレート図、ヒストグラム、管理図があります。前者3つは、問題解決・改善活動の現状調査から原因分析(要因解析)に役立つツールとして使われます。

    続きを読む
  7. QC7つ道具ヒストグラム

    QC7つ道具の使い方:対策立案から改善・分析に役立つQC手法のテキスト、作成事例

    グラフ・パレート図・ヒストグラム・管理図の作成方法と使い方QC7つ道具には、チェックシート、特性要因図、散布図、グラフ、パレート図、ヒストグラム、管理図があります。後者は問題解決・改善活動の対策立案から実践・分析に役立つツールとして使われます。

    続きを読む
  8. QC手法問題解決ストーリー

    QC手法:問題解決ストーリーとは~解決ステップとポイント~テキスト・ツール・事例の解説

    QC的問題解決アプローチ(QCストーリー)で論理的・統計的な改善職場における改善活動は、品質管理の一貫として、品質意識を高めることと、工程で品質をつくり込むために始められました。品質管理のために職場で行う改善活動ということで、QC活動などと呼ばれました。

    続きを読む
  9. 改善の図

    トヨタのムダとり改善とは~取り組みのポイントと効果を出す方法

    トヨタのムダとり改善は正味作業の割合を高めて仕事の付加価値を高める削る・減らす・速くする改善は職場を疲弊させる改善になります。トヨタのムダとり改善は、効率化改善のように仕事を速く処理するという考え方をしません。ムダをみつけて取り除く改善です。

    続きを読む
  10. 改善の図

    ムダとは~トヨタのムダとり改善は顧客視点のムダ

    ムダとり改善を成功させるために顧客視点のムダについて理解を深めるトヨタ生産方式の代表的な改善は、ムダとり改善です。ムダとり改善の対象である「ムダ」とは、どのようなものでしょうか。ムダとは必要のないモノですが、トヨタのムダとり改善のムダは、顧客視点のムダです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る