改善知恵ブログ

  1. コンカレントエンジニアリングの実践イメージ

    コンカレントエンジニアリング成功のための2つの手法と進め方のコツ

    コンカレントエンジニアリング成功のための手法を図解で解説コンカレント・エンジニアリングとは、企画、製品設計、工程設計、設備設計、生産準備など一連の開発から準備の活動を同時並行的に行い、相互に情報の共有と早期の課題形成と対策を行う活動を言います。

    続きを読む
  2. KPIイメージ

    OKRに役立つKPIの設定の仕方と管理のコツ

    目的と関連付けでKGIとKPIによる管理で目標を達成させる最近注目されているOKR(Objective Key Results)ですが、KGIやKPIと組み合わせることで目標達成に向けた取り組みのレベルが高まります。

    続きを読む
  3. 取り組みの評価分析のイメージ

    組織目標管理(OKR)のための実績の評価と振り返りのコツ

    改善を繰り返すPDCAサイクルを回すための評価・分析と振り返り方法会社や部門の目標を管理する方法には、方針管理やOKR(Objectives and Key Results)があります。いずれも目標の設定がゴールではなく、目的・目標の達成がゴールです。

    続きを読む
  4. 改善伝道のイメージ

    改善活動を導入するための改善伝道の進め方

    職場に改善活動を根付かせる取り組み方法改善活動は、指示しただけでは始まりません。改善の目的から始まり、活動の見える化、コミュニケーションの枠組み、PDCAの改善サイクルなど仕組みの導入と行動変革を引き起こすフォローをしなければなりません。改善の道を伝える伝道が必要です。

    続きを読む
  5. PDCAのスパイラルアップのイメージ

    OODAループ的PDCAの回し方~Doから始めて事実を観察し仮説を立てて検証して改善サイクルを回す方法とポイント

    PDCAの問題点をOODAループ的に解決する方法とツールPDCAの問題点は、計画を基点にし、事実を反映できないことにあります。このPDCAの問題を解決する有効な方法として、最近OODAループが注目されています。

    続きを読む
  6. 問題解決できないトップイメージ

    問題解決ができない理由と時間のかかる原因~問題解決の取り組みに潜む落とし穴

    なぜ問題解決ができないのか~取り組み方の問題を考える仕事の成否は行き着くところ問題が解決できたか否かにつきます。ビジネスパーソンの必須スキルとして多くの人が問題解決手法を学んでいますが、手法を活かしきれず、問題を解決できていません。

    続きを読む
  7. 原因分析のイメージ

    原因分析の手法~事例で解説する真因を導き出す手順とツール

    問題解決力を高める原因分析のフレームワークと仕掛け問題解決で皆さんを悩ませる代表と言えるのが「原因分析」です。真の原因にたどり着けていないとき、原因が論理的に導き出せないとき、問題解決は行き詰ります。何度、対策しても問題は解決できず、効果がありません。

    続きを読む
  8. 課題設定のイメージ

    課題設定力を高めるための3ステップとツール・事例

    効果ある問題解決のための課題の絞り込みと設定の仕方問題が大きすぎるとき、複雑すぎるときは、何から手を付けていいかわからなくなります。また、大きいまま、複雑なままでは、原因が多岐にわたり、解決向けた取り組み事項も多く、対応できなくなります。

    続きを読む
  9. 問題解決テーマ選定イメージ

    問題解決のテーマ選定の手順とツール・事例

    問題解決の目的・対象と道筋を明確にするための具体策問題解決プロセスのテーマ設定では、その問題の取り巻く環境なども考慮した上で、何のためにその問題解決に取り組むのかという目的を明らかにします。そして、効果のある問題解決への取り組みのロードマップ(道筋)を明確にします。

    続きを読む
  10. 品質管理のイメージ

    品質管理とは~製造における品質管理の取り組み事項とその内容

    品質をつくり込み検査して保証する品質管理の進め方製造における品質管理は、工程管理、品質検証、品質改善の3つの取り組みを通じた管理です。3つの管理によって、製造の中で、品質がつくり込まれ、品質が確かなものであることを検査で検証し保証することです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る