ブログ

  1. 働き方改革

    働き方改革とは~成功のための取り組み方~テキスト・ツール・事例について

    多様な就業環境においても生産性とチーム力を高めるしかけと改善働き方改革では、多様な就業環境(時短やフレックス、在宅勤務)に対応した様々な社内制度や仕組みが必要となります。一方で、これら多様な就業環境が、働く者の孤立化を招くことも危惧されています。

  2. 5S活動の記事

    5S活動:5Sの意義と効果について理解しよう

    5S活動に取り組むメリットをいろいろな角度から考えてみる5Sは、身の回りの整理、整頓を通じて、仕事のバラツキをなくして、品質と生産性を高めるために有効な手法です。改善のイロハを習得し、価値観の転換を図り、創造性開発にも役立ちます。標準化を進め組織力・チーム力を高めることにも効果を発揮します。

  3. 5S活動の記事

    5S活動:仕事の整頓改善とは~仕事のムリ・ムラをなくす整頓改善の取り組み方・事例

    長時間残業の元凶のムリ・ムラを取り除く仕事の整頓改善の進め方とポイント長時間残業の原因は、仕事量の多さだけではありません。仕事の中に潜むムリ・ムラも原因です。働き方改革に向けて残業時間を減らすためには仕事の偏りと滞りを無くしてムリ・ムラを無くすことです。

  4. 働き方改革

    働き方改革に向けて取り組むこと~見える化が役に立つ

    業務の見える化改善による働き方改革の具体的な取り組みノウハウ労働力人口が継続的に減少し、将来において増加する見込みもない中で、生産性を高めることが企業においても、国においても重要な課題となっています。

  5. トヨタ生産方式

    トヨタ生産方式:自働化で品質のつくり込みと省人化をはかる

    自働化が品質管理の考え方を変え、人が人らしい働き方ができるようにするトヨタ生産方式には、ジャスト・イン・タイムと自働化の2本柱があります。トヨタ生産方式では、ニンベンのついた自働化をめざします。一般的に自動化は、人の作業を機械化することを指し、効率やスピードアップをめざします。

  6. 5S活動の記事

    5S活動:仕事の5Sとは~残業を減らす仕事の整理改善の取り組み方

    ムダを取り除く仕事の整理改善の進め方とポイント仕事の5Sは、整理整頓の対象をモノや情報ではなく、仕事そのものを整理整頓の対象とする取り組みです。仕事の整理は、価値のない、または価値の低い仕事をやめる改善です。

  7. 5S活動の記事

    5S活動:5S診断と取り組み改善の事例

    5S活動についての社員の意識と姿勢、定着度、5Sの効果性の診断と改善の事例5S活動が徹底しない、効果がない、やらされ感から反発があるなど、問題を抱えた企業は多くあります。

  8. 仕事のミス防止変更箇所カラーマーク

    仕事のミスをなくす:思い込みで変化に気づかないミスをなくす見える化改善

    思い込みや慣れから変化に気がつかず見落とすミスをなくすための見える化改善変化に気がついていない人は、変化や変更前のやり方で仕事をします。

  9. 仕事のミス防止重緊マップ

    仕事のミスをなくす:目的が曖昧で適正がわからず発生するミスをなくす見える化改善

    仕事の目的が曖昧で適正かわからず起こしてしまうミスをなくすための見える化改善適正がわからないことからミスが発生する理由は、そもそも、どの程度までやったらいいのかわからず、やり過ぎ、不足がわからないことによります。

  10. 仕事のミス防止プロセスマップ

    仕事のミスをなくす:やり方が明確でなく戸惑うために発生するミスをなくす見える化改善

    仕事のやり方が明確でなく戸惑って間違えてしまうミス、エラーの見える化改善やり方が明確でないとミスが発生する理由は、正しいやり方や、正しいアウトプットがわからないことから、正しくないことに気がつかないからです。特に、正しいアウトプットがわからなければ、正しいことが確認できません。

ページ上部へ戻る