ブログ

  1. コーチングスキルのイメージ

    コーチングとは~必要なスキルとやり方のポイント~ルールとスタイルの決め方

    ビジネスにコーチングを取り入れるためのコーチングスキルとやり方コーチングとは、相手の能力や可能性を最大限に引き出し、行動を促し、結果をつくり出すことを支援するコミュニケーションスキルです。めまぐるしく変わっていくビジネス環境において、答えを自らつくり出す人材が求められています。

  2. 仕事とQCDのイメージ

    QCDとは~仕事の良し悪しを計るモノサシの定義と職種ごとの違いの理解

    QCDは仕事の基本仕事をした時、その仕事が良かったのか、悪かったのか、わからないまま仕事をすることはありません。仕事の良し悪しを判断するモノサシがあります。仕事はQ:品質、C:コスト、D:納期の3つのモノサシではかります。そして、この3つのモノサシは、相互に関連し合っています。

  3. 5S活動の記事

    仕事の5S:平準化改善とは~仕事のムリ・ムラをなくす整頓改善の取り組み方法・ツール・事例

    長時間残業の元凶のムリ・ムラを取り除く仕事の整頓改善の進め方とポイント長時間残業の原因は、仕事量の多さだけではありません。仕事の中に潜むムリ・ムラも原因です。働き方改革に向けて残業時間を減らすためには仕事の偏りと滞りを無くしてムリ・ムラのない平準化をします。

  4. リーダーシップを発揮した場のイメージ

    リーダーシップとは~組織を高め導くリーダーに必要な3つの能力とスキル

    聞く力、示す力、気づく力の3つの能力を鍛えてリーダーシップ力を高めるリーダーシップとは、組織が向かうべき道を描き見せること、一人ひとりの能力を引き出し活かすこと、高い組織能力をつくり出すこと、よい組織風土をつくることです。

  5. 5S活動の記事

    5S活動についての社員の意識と姿勢、定着度、5Sの効果性の診断と改善の事例

    5S活動:5S診断と取り組み改善の事例5S活動が徹底しない、効果がない、やらされ感から反発があるなど、問題を抱えた企業は多くあります。自分たちの5S活動について、多面的かつ客観的に評価し、課題を洗い出して、自分たちの取り組み方を改善するために、5S診断をしてみましょう。

  6. 5S活動の記事

    仕事の5Sとは~残業を減らす仕事の整理改善の取り組み方

    ムダを取り除く仕事の整理改善の進め方とポイント仕事の5Sは、整理整頓の対象をモノや情報ではなく、仕事そのものを整理整頓の対象とする取り組みです。仕事の整理は、価値のない、または価値の低い仕事をやめる改善です。

  7. コンプライアンスイメージ

    コンプライアンスとは~違反の原因と事例・取り組み方法の解説

    企業責任を果たし人と組織のレベルアップのためのコンプライアンスとはコンプライアンスとは、法令遵守だけでなく、倫理や社内規範も守ることを含めたものです。自己責任社会では、企業の責任ある行動が強く求められ、自ら責任を果たすために自律的管理が不可欠です。

  8. QC7つ道具特性要因図

    QC7つ道具の使い方:現状調査から原因分析に役立つQC手法のテキスト、作成事例

    層別・チェックシート・特性要因図・散布図の作成方法と使い方QC7つ道具には、チェックシート、特性要因図、散布図、グラフ、パレート図、ヒストグラム、管理図があります。前者3つは、問題解決・改善活動の現状調査から原因分析(要因解析)に役立つツールとして使われます。

  9. ビジネスマナーのイメージ写真

    ビジネスマナーの基本~仕事に向き合う姿勢と行動~テキストと事例の解説

    ビジネスマナーの6つの基本とルールビジネスにおいて、仕事を円滑かつ気持ちよく行うためには、上司・同僚、ビジネス上の関係者に対して、相手を敬い、礼儀を尽くした態度をもって接するビジネスマナーを心がけましょう。

  10. ビジネス文書を考える筆

    ビジネス文書とは~作成のポイントとメールの送り方~テキストと事例の解説

    組織が連携して仕事を円滑に進めるためのビジネス文書・メールの作成のコツビジネス文書とビジネスメールは、ビジネス情報を正確に伝えるためだけでなく、読み手に行動を起こさせ、書き手と読み手をつなぎ、記録することによって、組織が連携して、仕事を円滑に進めることに貢献するものです。

ページ上部へ戻る