ブログ

  1. 5S活動の記事

    5Sとは〜活動の意味と取り組み方法~テキスト・ツール・事例の解説

    5S活動の基礎と取り組みの5つのポイントと7つのステップを紹介5Sとは掃除や片付けによる職場環境をきれいにする美化活動ではありません。職場の抱える課題を解決するための改善活動です。5Sによって仕事の質を高め、チーム力を高めることができます。

  2. トヨタ生産方式

    トヨタ生産方式:かんばん方式とは~導入と進め方・事例

    ジャストインタイムのトヨタ生産方式を支える「かんばん方式」の導入と進め方かんばんは、後工程引取りのためのツールです。生産・運搬の指示情報で、何を・いつ・どこに・どれだけ・どういう順序で生産するか、運搬するか指示します。目で見る管理を実現するもので、改善を促進する道具でもあります。

  3. 仕事のミス防止ミスの特性

    事務ミス・作業ミスの傾向と対策~発生率を下げて流出させないための仕掛けと事例

    仕事のミスをなくすための対策の重要性と見える化改善の進め方ミスするのは人間です。ヒューマンエラーやポカミスだからと、人に対策を求めるのではなく、環境やしくみ、方法の改善によって、人のミスの発生率を下げ、流出を止める取り組みが重要です。

  4. ミスする人の傾向のイメージ

    事務ミス・作業ミスの多い人の7つの傾向的特徴と対策の方法・事例

    ミスの発生率を下げ流出させないための人の行動特性タイプ別のミス対策の仕掛けと事例仕事でミスするのは人間です。環境やしくみ、方法の改善であってもすべては人のミスの発生率を下げ、流出を止める取り組みです。万人に共通の改善策はありません。

  5. カー生産ラインのイメージ写真

    トヨタ生産方式の工程管理とは~流れを整えて工程と作業を計画して管理する方法と事例

    流れを整えて工程と作業を計画して管理する方法。トヨタ生産方式の工程管理の極意は、流れをつくることです。工程の入口から出口までの流れを停滞させることなく、“細くて速い”流れにします。

  6. 生産管理の工場管理における変化点管理

    生産管理力を高めるトヨタ流の変化点管理とは~進め方と事例・ツール

    変化・変更を見える化するトヨタ流の生産管理のポイント生産では、常に様々な変化が起きています。生産を正常な状態に維持管理するためには、この「変化」を管理しなければなりません。トヨタ生産方式では、この変化を管理することを変化点管理、または変更管理と言います。

  7. 生産管理の工場管理における変化点管理

    工場の生産管理力を高めるために工場長・製造管理者に必要な3つの力とは

    工場長・製造管理者の役割と必要な3つの力とはグローバルな競争で生き残っていくために工場長・製造管理者の役割が増しています。彼らに求められるのは、維持管理力・変更管理力・方針管理力の3つのマネジメント能力を備えたリーダーです。

  8. 働き方改革

    「業務の見える化」による「働き方改革」のアイディアと取り組み方法

    「働き方改革」のアイディアは見える化にある~属人化をなくしチーム力アップ働き方関連法案が成立し、長時間労働を是正するため、残業時間の規制は「原則月45時間、年360時間」(繁忙期:年720時間、月100時間未満)と定められ、違反した企業には罰則が科せられます。

  9. 生産管理の工場管理における変化点管理

    工場の生産管理のための7つの視点(モノ、4M、QCDS、情報、日常管理、方向性・思い、全体・経営)の見える化

    生産管理:工場長・製造管理者のため見える化の進め方・事例工場の管理者が陥りやすいのが結果の管理です。計画に対し実績はどうなのか、月末や年度末に一喜一憂を繰り返します。

  10. 生産管理の工場管理における変化点管理

    工場の生産管理のためのQCDSの視点(品質、コスト、納期、安全)の見える化のポイントと事例

    QCDSの見える化によって異常を検知し予防型管理の日常管理力を手に入れる。結果だけを見ていては、事後対応となってしまいます。結果をつくるためには、日々の生産における基本要素のQCDSに焦点をあて、それらを適切に管理することは不可欠です。

ページ上部へ戻る