ブログ

  1. 生産計画概念図

    生産管理の基本~生産計画の立て方と資材所要量・基準在庫の設定の仕方

    売れるスピードにつくるスピードを追随させる生産計画と手配の仕方生産計画の目的は、売れるスピードに追随できる生産体制の準備にあります。生産手配の目的は、生産能力の準備と資材の調達です。

  2. 工程FMEAの作成事例

    工程FMEAとは~工程品質を高める5ステップとやり方・ツール・事例

    トヨタの変化点管理を付加した工程FMEAのやり方と事例工程FMEAは、FMEAという手法を工程管理に当てはめたもので、故障モード影響解析の英語の略称です。工程の不具合を想定して、対策し、信頼品質を高めるための手法です。

  3. 心構え

    カウンセリング・マインドの業務への活用方法|4つの進め方と3の技法

    自己解決を支援して成長させる進め方とポイントカウンセリング・マインドは、カウンセリングの手法を活用して、業務に支障をきたしている人の「自己解決」を助ける方法です。職場の組織管理や人材育成、問題解決などに取り入れることで、個人と組織の活性化をはかることができます。

  4. パワハラされている社員

    パワハラとは~発生の原因となる4つの背景と対策方法

    パワハラの被害者にも加害者にもならないための対策パワハラは必ずしも上司と部下の間だけに発生するとは限りません。誰もが被害者・加害者になり得るのです。仕事におけるパワハラには6つのタイプがあり、パワハラを引き起こす原因とも言える背景は4つあります。

  5. ファシリテーションイメージ

    ファシリテーションとは~チーム力を高めるためのスキルと進め方のコツ

    ファシリテーション手法の場づくり・対話力・合意形成力とはファシリテーションは、チームに自律的な問題解決を促し、業務課題を解決することでチーム力を高めることをめざします。チーム力を強化するファシリテーションは、場づくり、対話力、合意形成力の3つの手法を使いこなすスキルと力が必要です。

  6. コーチングスキルのイメージ

    コーチングとは~必要なスキルとやり方のポイント~ルールとスタイルの決め方

    ビジネスにコーチングを取り入れるためのコーチングスキルとやり方コーチングとは、相手の能力や可能性を最大限に引き出し、行動を促し、結果をつくり出すことを支援するコミュニケーションスキルです。めまぐるしく変わっていくビジネス環境において、答えを自らつくり出す人材が求められています。

  7. 仕事とQCDのイメージ

    QCDとは~仕事の良し悪しを計るモノサシの定義と職種ごとの違いの理解

    QCDは仕事の基本仕事をした時、その仕事が良かったのか、悪かったのか、わからないまま仕事をすることはありません。仕事の良し悪しを判断するモノサシがあります。仕事はQ:品質、C:コスト、D:納期の3つのモノサシではかります。そして、この3つのモノサシは、相互に関連し合っています。

  8. 5S活動の記事

    仕事の5S:平準化改善とは~仕事のムリ・ムラをなくす整頓改善の取り組み方法・ツール・事例

    長時間残業の元凶のムリ・ムラを取り除く仕事の整頓改善の進め方とポイント長時間残業の原因は、仕事量の多さだけではありません。仕事の中に潜むムリ・ムラも原因です。働き方改革に向けて残業時間を減らすためには仕事の偏りと滞りを無くしてムリ・ムラのない平準化をします。

  9. リーダーシップを発揮した場のイメージ

    リーダーシップとは~組織を高め導くリーダーに必要な3つの能力とスキル

    聞く力、示す力、気づく力の3つの能力を鍛えてリーダーシップ力を高めるリーダーシップとは、組織が向かうべき道を描き見せること、一人ひとりの能力を引き出し活かすこと、高い組織能力をつくり出すこと、よい組織風土をつくることです。

  10. 5S活動の記事

    5S活動についての社員の意識と姿勢、定着度、5Sの効果性の診断と改善の事例

    5S活動:5S診断と取り組み改善の事例5S活動が徹底しない、効果がない、やらされ感から反発があるなど、問題を抱えた企業は多くあります。自分たちの5S活動について、多面的かつ客観的に評価し、課題を洗い出して、自分たちの取り組み方を改善するために、5S診断をしてみましょう。

ページ上部へ戻る