職場の「かんばん方式」

トヨタ流改善術 ストア管理

「かんばん方式」=製造業という常識を逸し、事務、開発、
サービスの業務の現場を劇的に改善するストア管理の全貌

どの職場も共通で困っていること。
 ・仕事が人についているので忙しい人と手があいている
  人の業務負荷のバランスが悪い 。
 ・職場全体として優先度の高い仕事が後回しになって
  しまうことがある 。
 ・仕事が見えないため改善が進まない。
 ・仕事の生産性が見えない

そこで、仕事を職場全体で共有しチームとしての生産性を高める新しい仕事の流し方(ホワイトカラー版かんばん管理=ストア管理)があります。

本書では、トヨタ流管理を職場に利用したい方に、トヨタ流の考え方、職場の仕事と生産性の「見える化」、改善のしかた、業務の負荷平準化などくわしく説明しています。

また、なぜトヨタ流管理が実践できない会社が多いのか、そして実践するにはどうすれば良いのか、わかりやすく書いています。

トヨタ流の管理に関心のある方、実践されている方、もっと深く知りたい方にも読んでいただきたい本です。

出版社: 日経BP   ¥1500+税
出版日: 2006年11月27日発売
著 者: 松井 順一
      コンサルソーシング株式会社 代表取締役

関連商品

  1. 忘れない技術

    「やろう!」と思ったことをつい忘れていませんか?

  2. 営業の「見える化」 99のしかけ

    無敵の営業ツール集

  3. 仕事の見える化 99のしかけ

    とっておきのフォーマット・ツール集

  4. 図解 最新トヨタ式の基本と実践がよ~くわかる本

    TPS導入のための実践プログラム

  5. 図解 工場管理の改善手法がよ~くわかる本

    「生産準備力」を鍛えるポイント

  6. 「要領がいいね!」と言われたい人の仕事の習慣

ページ上部へ戻る