ブログ

  1. チームタスク管理で負荷の平準化による残業を減らす取り組み事例

    かんばん方式のタスク管理の運用事例~職場はどうなる?チームタスク管理が導入された職場(チーム)おいて、仕事の計画や管理がどのように変わるのか、チーム力は高まるのか、一週間の軌跡を追いながらチーム力を高めるための方法をイメージしながら学びます。

  2. 5S活動の記事

    5S活動成功への道7 活動見える化と共有

    知恵とガンバリと効果を見える化して共有しよう5S活動をより良い活動とするためには、いまを見える化し、改善をしなければなりません。5S改善に取り組んでいる人は、様々な知恵と工夫をしています。

  3. トヨタ生産方式

    トヨタ生産方式導入1 まず原単位を徹底的に小さくすることを考える

    原単位が小さいとトヨタ生産方式のメリット傍受トヨタ生産方式を導入するにあたり、最初に考えることは、原単位を限りなく小さくすることです。原単位が小さければ小さいほどトヨタ生産方式のメリットを享受できますが、相反して効率性の問題が出てきます。

  4. 5S活動の記事

    5S活動成功への道6 成果を出す人づくりをめざす

    意識と行動を変え成果を出す行動特性を築く改善を成功させるためには、人の意識と行動も変えなければなりません。成果を出す行動特性を身に着け、改善した環境や手順、やり方を日常業務において活かすことができるようにしましょう。

  5. トヨタ生産方式

    トヨタ生産方式を失敗する会社と成功する会社の違いは何でしょう?

    トヨタ生産方式の成否の違いと成功のポイントトヨタ生産方式を導入して定着させ劇的に効果を出せる会社は多くはありません。トヨタ生産方式の導入に失敗する会社と成功する会社の違いと成功のためのポイントをご紹介します。

  6. 5S活動の記事

    5S活動成功への道5~5S改善力を身につける

    5S改善の仕組みとツールづくり改善としての5S活動とするためには、改善の基本スタイルを身につけなければなりません。改善ボートによる活動の見える化を行い、改善推進のための仕組みづくりを行って改善のPDCAを回せるようにしましょう。

  7. 5S活動の記事

    5S活動成功への道4 脱・片付けをめざす

    片付けスタイルの5Sからの脱却成果を出す5S活動とするためには、片付けスタイルの5Sから脱却しなければなりません。片付けを繰り返していても不要なモノを生み出す元凶を無くさなければ、いつまでも片付けをしなければなりません。

  8. 5S活動の記事

    5S活動成功への道3:目的・目標と管理指標の設定

    目的・方針・目標の設定と結果をつくるための5S活動のプロセス管理職場で5Sや改善活動を展開するには、5Sや改善の目的、意義や効果を活動に関わる者、全員が認識し共有しなければなりません。

  9. トヨタ生産方式

    本当にトヨタ生産方式が必要ですか?

    必要性と効果のポイントトヨタ生産方式の導入は必ずしも効果があるとは限りません。自社の工場・ライン改善への必要性と効果を検討する上、2本柱のJIT:ジャストインタイムと自働化を基本としたポイントをご紹介します。

  10. 5S活動の記事

    5S活動成功への道2~5Sを正しく理解する

    5S対象のレベルアップ5S活動では、保存・廃棄の5Sから作成・利用の5S、プロセスの5S、仕事への5Sと対象のレベルアップをして改善力を成長させていきます。その対象ごとの5Sによる効果を理解し、その効果を引きだす活動を行っていきます。

ページ上部へ戻る