ブログ

5S活動:5Sの意義と効果について理解しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5S活動の記事

5S活動に取り組むメリットをいろいろな角度から考えてみる

5Sは、身の回りの整理、整頓を通じて、仕事のバラツキをなくして、品質と生産性を高めるために有効な手法です。改善のイロハを習得し、価値観の転換を図り、創造性開発にも役立ちます。
標準化を進め組織力・チーム力を高めることにも効果を発揮します。
効果的な5S活動とするため知っておくべき、5Sの意義と効果について解説します。

・5Sとは何?
・作業の中に潜むムリ・ムラ・ムダが悪さをする
・バラツキを減らすと作業はやりやすくなる
・5S改善の目的
・その他の5Sの意義と効果
・5Sはお掃除活動ではない
・トヨタ生産方式の5S改善の原則

5Sとは徹底されるべき5つの約束

5Sとは5つの約束

5Sとは、職場環境の維持改善で用いられるスローガンで、職場において徹底されるべき事項を5つにまとめたものです。
職場や仕事で実施していくことは、
整理すること、
整頓すること、
清掃すること、
清潔にすること、
しつけをすること、
の5つです。
これらをローマ字にすると最初の一文字目がSで始まります。
実施していく5つのSで、5Sと呼びます。
取り組む順番にも意味があります。
整理をしていないうちに整頓をしても、不要なものをわざわざ整頓するムダが発生します。
5つのSの順番で改善に取り組んでいきます。

整理とは、要るものと要らないものを区別して、要らないものを処分することです。
要らないものが自分たちの仕事を邪魔したり、不要なコストを負担させたり、無用な間違いを誘発したりします。
職場では要るものだけを取り扱うようにしましょう。

整頓とは、要るものを使いやすい場所に、使いやすいようにきちんと置くことです。
見た目が綺麗に並んでいればいいというものではありません。
大切なのは使いやすいことです。

清掃とは、身の回りのものや職場を、きれいに掃除して、いつでも使えるようにすることです。
ゴミを掃除するというだけのことではなく、整理、整頓された状態を維持していくことです。
常に要るものだけを扱い、使いやすい状態に置かれているようにすることです。

清潔とは、整理、整頓、清掃を維持し、誰が見てもきれいで、わかりやすい状態に保ち、きれいな状態を保とうという気持ちにさせることです。
ビジュアル的に美しいというものではなく、整理、整頓され、整然とした状態をきれいと感じ、そこから外れたときに、違和感を感じるようにします。
この違和感は、正しく管理されていない状態を感じ取る気持ちで、異常を早期に発見して、問題を未然に防ぐために大切な感覚です。

しつけとは、職場のルールや規律を守り、習慣づけることです。
ルールや規律というと悪いことをさせないための制約的なイメージが強いです。
大切なのは、悪いことをさせないことではなく、良いことを習慣化させ、定着させることです。
悪いことをしなくなっても競争力は高まりませんが、良いことが自然にできるようになると競争力は高まります。
5Sの実施事項は、特別なことではありません。
当たり前のことを、当たり前にやるということを言っているだけです。

作業の中に潜むムリ・ムラ・ムダが悪さをする

仕事を混乱させるムリ・ムダ・ムラ

5Sが職場や仕事において、どのように役立つか、職場の中で、日常的に起きていることに目を向けてみましょう。
仕事では、日々、様々なムリ、ムラ、ムダが発生しています。
人は日々、小さな間違いや失敗を繰り返しています。
その間違いや失敗が仕事を止めたり、やり直すことを強いたりして、仕事を混乱させます。
初めての事や過去に失敗したことを行うときは、戸惑いを感じながら、おそるおそる仕事を行い、冷静な判断や行動を阻害したりします。
資料や情報のありかがわからず、探したりすることもあります。見つけきれなかったり、古い情報で仕事をしたりすることによって、不適切な結果を招いたりします。
久しぶりの仕事や複雑な仕事は、手順書や、過去の資料を見て、手順や方法を思い出しながら行うために、時間がかかったり、間違いを誘発したりします。
このような、様々な要因によって、仕事は混乱したり、やりにくくなったりします。
これらの要因を放置したまま仕事をしていけば、いつか大きな問題に進展することもあります。

バラツキを減らすと作業はやりやすくなる

5Sでバラツキ減らす

日々の間違いや失敗、戸惑い、探索や思い出しながらの仕事の進め方は、仕事をばらつかせます。
同じような仕事であっても、これらの要因があることによって、かかる時間が毎回大きく異なり、ばらつかせるのです。
作業時間が30%以上ばらつくことはよく見受けられます。2倍、3倍と著しく差がある場合もあります。
5Sによって、職場の中の不要なものを無くし、要るものだけを使いやすく置いたり、片付けたりすると、間違いや失敗、戸惑い、探索などのバラツキの原因が少なくなり、作業時間が安定化します。
5Sによって、作業時間を長くする様々な邪魔モノが消えると時間は最も速い時間帯に落ち着きます。
平均作業時間は、バラツキの半分程度短縮され、生産性は高まることになります。
また、仕事を混乱させる原因が消えることによって、仕事上の間違いや失敗は消えて、品質も向上します。
仕事の手順や方法もわかりやすく、やりやすくなることによって、仕事の習熟度も高まり、その分、仕事の品質は高まります。
このように5Sは、仕事のムリ、ムラ、ムダの原因を除去することによって、生産性と品質を高めることに大きく貢献します。

5S改善の目的

5S改善の目的は様々

5S改善の目的は、作業のしやすい職場環境をつくり、作業のバラツキを無くして品質と生産性を高めることです。
5S改善を実施する効果は、これだけではありません。
他の目的も掲げて取り組む場合もあります。
改善のイロハを習得するための5S改善もあります。
5S改善は、他の様々な改善においても役立つ、改善の進め方のイロハを学ぶことができます。
価値観の転換を図り、創造性開発のためにも5S改善は役立ちます。
整理改善では、整理基準を明確にして、今の仕事の価値を見直し、仕事の新たな価値を探求するからです。
標準化を進め組織力・チーム力を高めることにも5S改善は効果を発揮します。
必要なモノを判断する基準や、使いやすい整頓の基準を定め、共有することで、作業がうまくかみ合い、スムーズな仕事ができるようになるからです。

その他の5Sの意義と効果

心もきれいにする

5Sで心をきれいに

5Sの意義と効果は、仕事を改善することだけではありません。
例えば、工具の保管状態の違いを考えてみましょう。
左の写真のように工具箱がごちゃごちゃになっていると、人の心には、仕事も、いい加減にやってもいいや、という気持ちが生まれます。
右の写真のようにきっちりと、整然と保管してあると、人の心には、仕事も、きっちりとやろう、という気持ちが生まれます。
一枚の割れた窓ガラスを放置しておくと、割られる窓ガラスがさらに増え、やがて街や 地域全体の荒廃に繋がっていく、割れ窓理論と同じです。
5Sを行うことで、そこに働く人の中に、物を大切にする心が宿ります。
仲間を気遣う心が育まれ、助け合う風土がつくられていきます。
そして、仕事においてもきっちりと行い、中途半端にしない心が根付いていきます。
5S改善をすることによって、職場で働く人たちの心もきれいになります。

頭の中の整理の訓練

5Sで頭の中の整理の訓練

もう一つの5Sの意義と効果は、頭を整理するということです。
作業場所や工具箱の中の状態は、頭の中の状態と同じと言われています。
試しに、作業場所や工具箱の中を片付けてみてください。
何が必要で、何が要らない物なのか、どのように並べると作業がしやすいのか、作業に必要な物、使う順番や頻度がわからないと片付けることができません。
5Sを行うことは、頭の中を整理する訓練になります。
頭の中が整理されていれば、作業はスムーズに行うことができます。

5Sはお掃除活動ではない

5Sはお掃除ではない

5S改善でよく見られるのが、掃除をするだけというものです。
作業の中には、不要な材料や部品、製品があります。
不要な工具や治具、機器もあります。
もう使わない図面や手順書などもあります。
これら不要な物を整理して片付けることをします。
掃除をしてきれいにするというものです。
しかし、このようなお掃除では改善になっていません。
この不要な物は、何かの作業のアウトプットです。
この不要なものを生み出した作業そのものを改善しなければ、また、不要な物は生まれてきます。
本来の5S改善は、不要な物を生み出した原因である、作業にも着目して改善しなければなりません。
5Sを単なるお掃除活動としないようにしましょう。

トヨタ生産方式の5S改善の原則

1つずつの原則

トヨタ生産方式の5S改善では、一つずつという原則があります。
5S改善を上手に行うための改善のヒントです。
一個保管とは、各担当の持つ工具や治具、補給部品などは、1個だけにするというものです。無くなったら補給します。これにより、最小のスペースでの保管となります。無くなったら補給するスタイルで、常に最新の状態が維持されます。
1ヶ所保管とは、共有部品や工具などの保管は、種別ごと1ヶ所に保管するというものです。いつもの決まった場所に保管され、探し回らなくてすむようになります。
1ファイル保管とは、共有の手順書などの情報を、製品または工程別に1ファイルだけ保管するというものです。最新の情報を、必要なときに、必要な人が得られるようになります。
1枚化とは、計画書、報告書など情報共有する資料は1枚にまとめるというものです。1枚にまとめるために、文章ではなく、キーワードや図などによって表現され、ひと目でわかり、直感的に理解できるようになります。

人気の記事⇒5S活動:5Sとは~取り組み方~テキスト・ツールについて
関連の記事⇒5S活動が定着せずイマイチで効果のない理由とは

5Sについての無料相談/研修・診断・コンサルティングのお問い合わせ
お電話でのご相談は、052-747-5772まで、お気軽にお電話ください。メールでのご相談は、24時間こちらのメールフォームからお問い合わせください。

ゲームで学ぶ5Sの研修

5S改善ゲーム(製造現場/オフィス)など体感して5S改善活動を学ぶ研修を多数ご用意しています。
研修についてはこちら⇒「クリック」

5S活動に役立つツール・帳票

5S改善活動導入実施キットダウンロード
5S活動や様々な管理や改善に役立つ実践ツールや帳票を多数公開中!
ツール使い方や管理・改善手法も動画で解説しています。
メールニュース会員は、ダウンロードしてすぐに使えます。
公開ページはこちら⇒「クリック」

管理・改善ツール(一例) 5S点検チェックリスト

5S点検チェックリスト

5S解説資料、5Sテキスト案内

動画ラーニング用レジュメ(PDF)

  •  5Sの意義と効果
  •  製造現場の5S改善 整頓編
  •  事務の5S改善 整理編

動画ラーニング用レジュメ(.pdf)をメールニュース会員向けにダウンロード公開中!

動画ラーニングレジュメ 5S活動の意義と効果

5S活動をもっと知りたい方には、5S活動に関連したコンテンツが他にも多数ございます。

5S活動への再挑戦!社内推進ポイント解説などの5S活動公開セミナー情報はこちらです。
5s活動点検チェックシートなどの5s活動ツールはこちらです。
you tubeでの5s動画ラーニングチャンネルで5s活動をもっと知りたい方はこちらです。
5s活動がイマイチな原因と対策についてのwebセミナーを受講したい方はこちらです。
5s活動の基本と実践がよ〜くわかる本などの5s活動に関わる書籍のご案内はこちらです。
5s活動の意義と効果などの5s活動のレジュメはこちらです。
管理改善の知恵ブログはこちらです。
5s活動の定義や改善上のポイントを小冊子で知りたい方はこちらからご請求ができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る