経営管理

  1. 原価とはのトップイメージ

    原価とは〜原価の種類と見分け方のポイント

    原価を分類し整理する原価とは製品をつくったり、サービスを提供するために必要な原材料費や設備償却費、労務費、光熱費などの総額です。ムダなお金を使わず、適切な原価管理をするためには、原価とはどのようなもので、どのように捉えればいいか理解する必要があります。

    続きを読む
  2. KPIイメージ

    OKRに役立つKPIの設定の仕方と管理のコツ

    目的と関連付けでKGIとKPIによる管理で目標を達成させる最近注目されているOKR(Objective Key Results)ですが、KGIやKPIと組み合わせることで目標達成に向けた取り組みのレベルが高まります。

    続きを読む
  3. 取り組みの評価分析のイメージ

    組織目標管理(OKR)のための実績の評価と振り返りのコツ

    改善を繰り返すPDCAサイクルを回すための評価・分析と振り返り方法会社や部門の目標を管理する方法には、方針管理やOKR(Objectives and Key Results)があります。いずれも目標の設定がゴールではなく、目的・目標の達成がゴールです。

    続きを読む
  4. PDCAのスパイラルアップのイメージ

    OODAループ的PDCAの回し方~Doから始めて事実を観察し仮説を立てて検証して改善サイクルを回す方法とポイント

    PDCAの問題点をOODAループ的に解決する方法とツールPDCAの問題点は、計画を基点にし、事実を反映できないことにあります。このPDCAの問題を解決する有効な方法として、最近OODAループが注目されています。

    続きを読む
  5. 経営戦略の策定のイメージ

    経営戦略のフレームワークと策定の手順・事例

    勝ち残るための全社経営戦略の立案手順全社経営戦略のフレームワークは戦略基本方針とグループ戦略で構成され展開されていきます。継続的に採用する戦略上の価値観を基本方針として定め、戦略ドメイン毎の目標や予算の割り付け、投資と資源配分やKPIの設定して戦略立案していきます。

    続きを読む
  6. みるべきものを決めるイメージ

    予算管理の業務と必要なスキル~部門管理者のための予算管理の仕方と事例

    経営目標・戦略の実現ための部門管理者の予算管理の仕方と事例予算管理は、各部門の目標を計画し実績の進捗管理と改善を行うことで、経営目標・戦略の実現をはかるものです。部門管理者は、予算管理の業務内容を理解し、遂行するためのスキルを身につけることが求められます。

    続きを読む
  7. 原価計算のイメージ

    原価計算とは~ステップ毎の計算方法とポイントを事例で解説

    原価管理の基礎となる情報を正しく提供する原価計算原価計算は、経営の意思決定や財務諸表の作成、予算の作成と管理、製品価格の企画と決定に基礎となる原価情報を提供するために行います。原価計算には、標準原価計算、実際原価計算、直接原価計算があり、目的に応じて使い分けをします。します。

    続きを読む
  8. 経理業務のイメージ

    経理の基礎知識~勘定科目の種類と減価償却のしくみの解説

    経理業務・企業会計のための勘定科目と減価償却の基礎知識勘定科目とは、共通の基準で企業活動のお金の種類を仕訳するための名称及びコードのことです。利害関係者との取引や書類のやり取りをスムーズに行うためにお金の種類の定義を同じするためのものです。

    続きを読む
  9. 貸借対照表のイメージ

    貸借対照表と損益計算書とは~見方と違いを事例でわかりやすく解説

    財務諸表の構成としくみの理解・見方決算書は貸借対照表(BS)と損益計算書(PL)の二つの柱で構成され、会社の経営状態を示してくれます。損益計算書は、企業が一年間でいくら儲かったかの状況をあらわし、貸借対照表は、財産や借金がいくらになったかをあらわすものです。

    続きを読む
  10. SWOTトップイメージ

    SWOT分析のやり方と事例~戦略実現のためのチャンスとリスクを導き出す方法とコツ

    機会と脅威・強みと弱みの視点で内部・外部環境を分析する方法SWOT分析とは、ビジネスやマーケティング戦略の目的・目標を実現する上で、内部・外部の環境因子を強み、弱み、機会、脅威視点で分類整理するための手法です。

    続きを読む
ページ上部へ戻る