生産管理

  1. 生産計画概念図

    生産管理の基本~生産計画の立て方と手配の仕方

    売れるスピードにつくるスピードを追随させる生産計画と手配の仕方生産計画の目的は、売れるスピードに追随できる生産体制の準備にあります。生産手配の目的は、生産能力の準備と資材の調達です。

  2. 工程FMEAの作成事例

    工程FMEAとは~工程品質を高める5ステップとやり方・ツール・事例

    トヨタの変化点管理を付加した工程FMEAのやり方と事例工程FMEAは、FMEAという手法を工程管理に当てはめたもので、故障モード影響解析の英語の略称です。工程の不具合を想定して、対策し、信頼品質を高めるための手法です。

  3. カー生産ラインのイメージ写真

    トヨタ生産方式の工程管理とは~流れを整えて工程と作業を計画して管理する方法と事例

    流れを整えて工程と作業を計画して管理する方法。トヨタ生産方式の工程管理の極意は、流れをつくることです。工程の入口から出口までの流れを停滞させることなく、“細くて速い”流れにします。

  4. 生産管理の工場管理における変化点管理

    生産管理力を高めるトヨタ流の変化点管理とは~進め方と事例・ツール

    変化・変更を見える化するトヨタ流の生産管理のポイント生産では、常に様々な変化が起きています。生産を正常な状態に維持管理するためには、この「変化」を管理しなければなりません。トヨタ生産方式では、この変化を管理することを変化点管理、または変更管理と言います。

  5. 生産管理の工場管理における変化点管理

    工場の生産管理力を高めるために工場長・製造管理者に必要な3つの力とは

    工場長・製造管理者の役割と必要な3つの力とはグローバルな競争で生き残っていくために工場長・製造管理者の役割が増しています。彼らに求められるのは、維持管理力・変更管理力・方針管理力の3つのマネジメント能力を備えたリーダーです。

  6. 生産管理の工場管理における変化点管理

    工場の生産管理のための7つの視点(モノ、4M、QCDS、情報、日常管理、方向性・思い、全体・経営)の見える化

    生産管理:工場長・製造管理者のため見える化の進め方・事例工場の管理者が陥りやすいのが結果の管理です。計画に対し実績はどうなのか、月末や年度末に一喜一憂を繰り返します。

  7. 生産管理の工場管理における変化点管理

    工場の生産管理のためのQCDSの視点(品質、コスト、納期、安全)の見える化のポイントと事例

    QCDSの見える化によって異常を検知し予防型管理の日常管理力を手に入れる。結果だけを見ていては、事後対応となってしまいます。結果をつくるためには、日々の生産における基本要素のQCDSに焦点をあて、それらを適切に管理することは不可欠です。

  8. キャリア形成

    効率的にスキルアップするための仕事の仕方のポイント

    スキル(技能)を効率よく効果的に高めるために意識すべきポイントスキルアップのためには、経験を積み重ねて能力を高める訓練が必要です。しかし、漫然と経験を重ねてもスキルは高まりません。スキルアップのためには、経験の積み重ね方に意識すべきポイントがあります。

  9. 生産管理の工場管理における変化点管理

    工場の生産管理力を高める4Mの維持管理力とは

    当たり前のことを当たり前にさせる維持管理のポイント工場の生産管理では、生産に必要な要因系(インプット)のアイテムであるMan(人)/Method(やり方・方法)/Material(材料)/Machine(設備・機械)の4Mを管理し、結果系(アウトプット)のアイテムであるQuality(品質)/ ...

  10. 生産管理の工場管理における変化点管理

    工場の生産管理力を高めるための結果をつくる管理指標の6つのポイント

    見える化によって変化にチャレンジし結果つくるマネジメント力を高める。日々の仕事に追われ、目標を達成することを管理するだけが工場の生産管理ではありません。将来にわたって競争力ある工場とするためには、環境が変わり、生産が変わっても、高い品質と生産性を達成するすることが求められます。

ページ上部へ戻る